イライラや不安感|感情(ストレス)と体の不調の関係

車に乗ったら別の人格が現れる!?

こんにちはストレッチヒーローです。

今は車を持っている方は多いでしょう。

あなたは、運転をしているとイラっとすること少しでもありますか?

急に脇道から目の前に入り込んできたり、「無理な追い越し」や

「背後からのあおり運転」に腹を立ててしまうことは当たり前かもしれませんが、思い返してみると「前の車が遅い」など理不尽なイライラを起こしてしまうことはありませんか?(;’∀’)

車の運転以外でも、「自分が短気だ」と感じてしまうことがある方

自分自信を見つめ直すことも必要です!!

例えば、

・住む場所

・職場の環境

・生活習慣

・人間関係

など、どこかでストレスを感じてどんどん蓄積されていくことで精神的や肉体的疲労に変換されてしまうことが多く考えられます。

『車に乗ることによって別人格が生まれる』

私たちの日常生活の操るものの中で最も大きなものは車。

物理的な大きさから「小物扱い」をしてしまったり、「大きな車や高級車」に乗っている人が価値がある。

場合によっては、「私の車小さいから」運転が怖い。

「他の車と比べるとスピードが遅い」から運転が苦手、怖い。

など、どうしても人間の心理からいろんな感情が生まれたり、

『車の運転中に限って人格が変わってしまう』方が多くいらっしゃいます。

このような感情の変化は、

「身体の疲れ」「睡眠不足」「呼吸の浅さ」「身体の硬さ」「頭痛・めまい」「疲れやすい」

など身体の不調につながりやすいです

実際に不安感やイライラ(怒り)、ストレスなど感情的な影響で血流が悪くなり腰痛などの痛みを引き起こす場合があります。

ブログアーカイブ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP