その減量の仕方、あなたにあってる?②

こんにちは!

ストレッチヒーロー松江店です🦸‍♀️🦸‍♂️

前回、内臓脂肪と皮下脂肪についてまとめていました。

なので、今回はそれぞれの脂肪がつく

〔原因・減らし方〕についてお話します!

================================

【内臓脂肪がつく原因】

 原因として主に言えるのは、食べ過ぎと運動不足です。

 社会人になると接待や付き合いで飲食をする機会も次にお尻を突き出しvと

 思います。そうすると消費カロリーより摂取するカロリー

 の方が多くなってしまいます。そのため余分に余ったエネルギーが

 脂肪となり体につきます。

【内臓脂肪の減らし方】

 内臓脂肪にはスクワットが効果的です。

 足を肩幅より少し広めに開き、両手を開いて前に伸ばします。

 次にお尻を突き出して背中を反らすことを意識しながら腰を

 落とします。この時に膝がつま先より前にでないことを意識しましょう!

 他に、食事を摂る順番を変えるのも効果的です◎

 野菜 > 汁物 > タンパク質 > 炭水化物の順で食べることで

 食事による血糖値の上昇を緩やかにし、必要以上に体が脂肪を蓄えない

 ようにするために必要なことです。


【皮下脂肪がつく原因】

 原因は内臓脂肪と同様に食べ過ぎや運動不足によるものです。

 違いは内臓脂肪に比べて皮下脂肪の方が落ちにくい点です。

【皮下脂肪の減らし方】

 皮下脂肪にはリンパマッサージや有酸素運動が効果的です。

 代謝が良くなっているとされる入浴中や入浴後に、二の腕やお腹

 太もも等を強めにマッサージするとリンパの流れが良くなり

 皮下脂肪が燃えやすくなる傾向にあります。

 皮下脂肪は内臓脂肪の後に燃焼されるため運動にも工夫が必要です。

 有酸素運動をするまえに筋力トレーニングをすることで効果をUP

 させることが出来ます。

 筋力トレーニングを行った後で、水泳や縄跳び、ウォーキングなど   

 有酸素運動をすることで皮下脂肪がより燃えやすくなります。

 週に3日、1回30分ほど有酸素運動を取り入れると良いです◎ 

『「自分の脂肪の付き方を理解して、

 自分に合ったやり方で無理なく

 効率的に減量しましょう!!』

気にしすぎたり、無理をするのは

逆にストレスとなり良くありません。

できる範囲ではじめてみましょう!

ブログアーカイブ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP