寝違えちゃった!そんな時!

こんにちは!

ストレッチヒーロー松江店です!🦸‍♀️

朝起きて首が痛い!首が回らない!

もしかして…寝違えちゃった~~~~❕❔😭😭😭

そんな経験はないですか⁇

朝から気分を下げないために寝違えの原因

寝違えた後の対処方について知っておきましょう!!!


【寝違える原因】

・寝るときの姿勢

通常は体勢が苦しければ、無意識に寝返りを打って、首に負担がかからない

体勢に自然とできます。ですが、寝ている場所が狭い・枕が合わないなど、

不自然な状態が長く続いたり、過労や泥酔状態によって、寝返りをほとんど

打たなくなると、長時間にわたり首回りに負担がかかり続けることで靭帯や筋肉を

傷めることになります。

これが、寝違える原因となります😱

※痛みをそのままにしておくと

寝違えた時、時間がたてばいつか治ると思っている方も多いと思います。

実際に、時間の経過で状態や痛みが改善するものがほとんどですが

1~2週間経っても痛みが治まらない、頻繁に寝違える、という場合は

病院や診療院で診てもらいましょう。


【対処法】

少しでもはやく痛みを和らげたい!

そんな時👇

・ひどい痛み・腫れ・熱感がある場合は

氷水や保冷剤をタオルで巻いて痛みがある

部分にあてて冷やします。

・腫れ・痛みがひいてきたら、冷やしすぎないように注意します。首周りの筋肉を

あたためて、血行を良くすることで肩こりや寝違えの予防になります。

まず、安静にするのが基本です!

☆湿布や天宗(肩甲骨の中央付近、指で押すとピリピリする部分)というツボを

押すのも効果的です。

【逆にやってはいけないこと✖】

・首を温める

温めることは予防としては効果的👌ですが、寝違いが起こっている状態で

温めると、炎症反応が助長されて症状を悪化させてしまうことがあります。

・首や肩周りのマッサージ

刺激を与えることで、血行が良くなり炎症が広がってしまいます。

痛みを我慢して首を伸ばしたり、ストレッチをするのは良くありません✖

痛めている首そのものを動かすと炎症がひどくなります。

傷めないのが一番良いですが、目が覚めて👀

「あれれ?」「おかしいぞ」と感じたら、試してみてください ❕

ブログアーカイブ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP