【体験してみた】5分でどこまで柔らかくなれるのか!

こんにちは!

ストレッチヒーロー山口です(^^)

ストレッチヒーローではトレーナーの技術力を日々磨くため、定期的に全トレーナーの技術試験を行っております!

技術力の高いトレーナー陣の中でもTOPの点数を出しているのが鳥取店店長井上トレーナー( ゚Д゚)

ということで今回は

その腕をみせてもらいましょう。

”5分間でどれだけ柔らかくなれるか【やってみた】”

今回は鳥取店より体験レポートをお送りいたします♪

今回は数値として分かりやすい【長座体前屈】

の変化を見ていきたいと思います☺

まずはBeforeの前屈測定を行います。 

私、山口(一応体操部出身ですので)割と前屈には自信があります👍

前屈はもも裏、膝裏が主にピーンと張る感じ。。。 

中には前屈をすると【腰が張る】【お腹がつりそうになる】という方もいらっしゃるみたいです(+_+)

================

井》(^^)「前屈26cmは柔らかいですね!」

山》( ゚Д゚)「前屈は結構自信ありました!これ5分で柔らかくなりますか?」

井》(^^)「そうですね~。(前屈で)どこか突っ張る感じはありましたか?」

山》( ゚Д゚)「やっぱり、もも裏、膝裏ですかね。。前屈を柔らかくしようと思ったら脚のストレッチ(もも裏など)をやればいいんですよね??」

井》(^^)「もちろん足のストレッチも大切ですが、それより、、、、、では今回は脚のストレッチなしで前屈を柔らかくしてみましょう♪」

山》( ゚Д゚)「えっ…!?」

それではストレッチスタートです‼▼▽

今回ストレッチしてもらったのは

【①肩甲骨まわり②脇腹③お腹】の3か所

深い呼吸と合わせながらスッキリ伸ばしてもらいます(^^♪

深い呼吸+肋骨周辺の筋肉(胴体)の柔軟性が肝なのだとか💡

◇深い呼吸◇

鼻から息を吸う。

この時お腹を360°風船みたいに膨らませる。

その状態で少し息を止めて、、

ふーーーーっと息を吐ききる。

特に【息を吸うとき】がポイントで肋骨やお腹(胴体)を目一杯広げることで内からのストレッチにつながる。

開脚にもこの呼吸ストレッチが有効とのこと💡

さあそれでは5分ストレッチで柔らかくなったのか、、、

After測定です▽▼

===================

◇26.1cm➡29.4cm!

(3.3cmアップ⇧)

===================

=========== 

井》(^^)「胸郭(肋骨や背骨)の動きを広げ深い呼吸をしやすくするために今回は【背中(肩甲骨周辺)・脇腹・お腹】の3点に集中してストレッチしていきました!」

山》( ゚Д゚)「なるほど!確かに背骨が引き上がった感じで呼吸がしやすいです!」

井》(^^)「”背骨が引き上がる感じ”といのも良いですね♪深い呼吸⇒背骨が引き上がることで骨盤が立ち前屈や開脚のしやすさにつながります」

山》( ゚Д゚)「それで前屈が倒しやすくなったんですね!」

というわけで5分ストレッチで前屈3.3cmアップしました!

このストレッチにハムストリングス(もも裏)やお尻、ふくらはぎのストレッチを加えることでより効果的に前屈の柔軟性を高めれるとのことですよ♪

その方の目標(今回は前屈の柔軟性アップ)に合わせて正しいストレッチやコツを教えてもらえるのがストレッチ専門店の大きな特徴ですね(^^♪

以上体験レポートでした♪

ブログアーカイブ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP