オスグッド病について

こんにちは、ストレッチヒーロー米子店です。

       

皆さん、小学生や中学生の頃に膝の痛みに悩んだことはありませんか?

       

特に、スポーツを一生懸命にしている小学生や中学生に起こりやすいと言われている「オスグッド病」について今回は紹介していきます。

       

       

〇オスグッド病とは

      

       

オスグッド病とは小中学生男子に多いオーバーユースによる成長期スポーツ障害の代表的な疾患です。

     

      

成長期には急激に骨が成長して身長が増加しますが、筋や腱は同じようには成長はしてくれません。結果的に身体が硬くなってくる時期でもあります。

      

        

そのため大腿四頭筋の柔軟性は低下し、硬くなった大腿四頭筋は膝蓋骨(膝のお皿)を引っ張ってしまい、膝蓋骨が引っ張られることによって下の骨の脛骨粗面が大腿四頭筋によって牽引されて隆起し、腫れや痛みが生じます。

      

       

スポーツではサッカー、バスケットボール、陸上競技、バトミントン、バレーなどのジャンプやダッシュなどの動作が多いスポーツに起きやすいです。

       

       

〇予防・改善

      

       

オスグッドが発症するのは成長期の間だけです。

      

      

成長が止まり、今ある成長のために必要だった柔らかい軟骨が硬くなるとオスグッドは発症しなくなります。

      

       

とは言っても軟骨が硬くなるには時間がかかります、痛みを軽減するために必要なことは「大腿四頭筋の柔軟性を上げる(前のももの筋肉)」ことです。

      

      

大腿四頭筋を柔らかくすることによって膝蓋骨が引っ張られなくなり痛みが起きにくくなります。

      

       

成長期の小中学生に起きやすいオスグッド病になりにくくする為に普段からセルフストレッチを心掛けましょう^^

      

~スポーツ障害にならない為にセルフストレッチ~

ブログアーカイブ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

▼HP限定割引情報

▼店舗予約・お問合せ

下記のバナーをクリックして、店舗ページよりお問合せ・ご予約ください。お待ちしています。

▼STAYHOMEでストレッチ

コロナ自粛疲れを解消するストレッチを動画やページ特集で発信しています。

最近の記事

▼求人情報

◇求人/スタッフ募集◇

未経験者歓迎、資格認定証発行、昇給有、各種手当有

PAGE TOP