反りすぎると、すべりそう(症)です。

こんにちは!ストレッチヒーロー福山春日店です!

 

反り腰になると起こるリスクの一つで、すべり症というものがあります。 

 

そうです。そのままの意味で脊柱(背骨)がすべるのです。

なので【脊柱すべり症】とも言い、【分離すべり症】【変性すべり症】の2種類があります。 

「ややこしいですよね?私も最初はそう思いました。簡単にですが書きます。」


すべり症は腰椎で生じることが多く、椎体が滑り出ることをいいます。
滑り出てしまうことで、脊髄の神経が圧迫されて痛みが生じてしまう。という訳です。

間違い探しみたいになってしまいますが、 ①と比べてみてください。(①が正常な椎体)青色の線が神経



変性すべり症
加齢的な変化によって椎体が矢印方向に行きます。 

中高年の方に表れやすく、 脊柱管狭窄症になりやすいです。 

神経根や、馬尾神経が圧迫され、下腿の痛みやしびれなどの症状があります。

分離すべり症

疲労骨折が生じたままで、後ろへの安定性がなくなり矢印方向へ椎体が滑り出ます。

腰を後ろに反らす動作で分離部に負担がかかり、痛みやしびれが生じる。

 

②③どちらとも神経の圧迫なので、症状に大きな差はないみたいですね。。

腰周りを伸ばせない方が多いので、腸腰筋のストレッチも必要ですが、お腹の筋肉を強くしてあげるのも大事かもしれません。


今回はここまでです!
タイトルは滑っているかもしれませんが、姿勢、体質を改善して、痛みのない明るい未来にしましょう!!



【あなたの体、伸ばします】

ブログアーカイブ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

▼HP限定割引情報

ストレッチヒーローホームページキャンペーン

ストレッチヒーローダイエットストレッチホームページキャンペーン

▼店舗予約・お問合せ

下記のバナーをクリックして、店舗ページよりお問合せ・ご予約ください。お待ちしています。

▼STAYHOMEでストレッチ

コロナ自粛疲れを解消するストレッチを動画やページ特集で発信しています。

最近の記事

▼求人情報

ストレッチヒーロー正社員求人

◇求人/スタッフ募集◇

未経験者歓迎、資格認定証発行、昇給有、各種手当有

▼新型コロナウイルス予防対策

PAGE TOP