腕が上がりにくい!上腕三頭筋の硬さ

こんにちは!ストレッチヒーロー福山春日店です!

今回は、上腕三頭筋についてです!

二の腕にある筋肉で肘関節の伸展(肘を伸ばす)が主な役割です。

前回の上腕二頭筋の反対側にある筋肉(拮抗筋)で、名前の通り起始部(頭)が3つあります。

起始
 長頭:肩甲骨の関節下結節 (多関節筋)
 外側頭:上腕骨後面 
 内側頭:上腕骨後面

外側頭と内側頭は上腕骨の後ろ辺りにくっついていますが、長頭は肩甲骨にくっついています。

停止
尺骨の肘頭

前腕の肘辺りです。

主な働き
肘関節の伸展、腕を高く上げた状態からの肩関節内転(長頭)肩関節の伸展(長頭)

「肘関節の筋肉なのに、肩関節の作用もあるのか!?長頭すごい!」

日常では、ドアを手で押して開ける動作や、物を投げる時の動きで使います。
なのでパソコン、スマフォを使う人が多い現代では、肘を伸ばすことが少なく、肘を曲げた状態での生活のほうが多くなっています。

「すべてのドアが自動になったら、上腕三頭筋はほとんど使わないですね。」

もちろん、筋肉は使い過ぎても、使わな過ぎても硬くなってしまいます。

ましてや肘を曲げた状態でいると、伸びた状態で硬くなってしまうので肩こりと同じ現象(腕のだるさ、コリ)になる可能性もあります。


そして長頭に関しては仕事量もすごく、肩甲骨にくっついていて肩関節伸展の働きがあるので、硬くなることで肩関節の屈曲がしずらくなることが考えられます。

このように「腕の筋肉だから~」と言って油断していると、そこがあなたの肩こりや肩関節の動きの制限に繋がっているのかもしれないです。

【あなたの体、伸ばします】

ブログアーカイブ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

▼HP限定割引情報

ストレッチヒーローホームページキャンペーン

ストレッチヒーローダイエットストレッチホームページキャンペーン

▼店舗予約・お問合せ

下記のバナーをクリックして、店舗ページよりお問合せ・ご予約ください。お待ちしています。

▼STAYHOMEでストレッチ

コロナ自粛疲れを解消するストレッチを動画やページ特集で発信しています。

最近の記事

▼求人情報

ストレッチヒーロー正社員求人

◇求人/スタッフ募集◇

未経験者歓迎、資格認定証発行、昇給有、各種手当有

▼新型コロナウイルス予防対策

PAGE TOP