前鋸筋から肩甲骨への影響

こんにちは!ストレッチヒーロー福山春日店です!

今回はボクサー筋とも言われる前鋸筋についてです!

あまり知られていない筋肉ですが、肩甲骨を動かす筋肉の中で2番目に大きい筋肉なんです。(1番は僧帽筋

主に肩甲骨外転で使われます。

なので腕を前に押し出す時も働きます。(ボクシングのパンチとか)

「だからボクサー筋なのか!確かにボクサーの脇腹はポコポコしてる気がする。」

そして前鋸筋が表に出るのは下部の一部だけです。

起始
 第1~8(9)肋骨の外側面中央部

絵がうまく書けなかったのでわかりにくいですが、大体こんな感じで肋骨の1~8,9まで1本ずつ筋肉がくっついています。

停止
 肩甲骨の内側縁

肩甲骨の内側(肋骨側)にくっついています。

主な働き
肩甲骨の外転
肩甲骨の下方回旋(上部)
肩甲骨の上方回旋(下部)、肩甲骨が固定されている時は肋骨の挙上(下部)

日常生活では腕を前に出すときに使われたり、息を吸うときに肋骨を持ち上げてくれたりします。

なので前鋸筋が硬くなってしまうと、

肩甲骨が前に引っ張られて外転した状態になる

巻き肩、猫背になる

肩こり、呼吸の浅さにつながる

そして前鋸筋は大きい筋肉なので、近くにある小胸筋や、拮抗筋である菱形筋にも影響がでてしまう、ということが考えられます。

何よりも肩甲骨の動きが悪くなると、肩の制限に繋がってしまうので、腕が上がりにくくなったりしてしまいます。

当店は肩こりの悩みでご来店される方が多く、そのほとんどの方は肩甲骨の動きがかなり悪い印象です。

もちろん、背中周りの筋肉が肩こりの主な原因なのですが、体の前にも原因はあるのです。

自分では動かしづらい肩甲骨、肩甲骨はがしで動かします。

【あなたの体、伸ばします】

ブログアーカイブ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

▼HP限定割引情報

ストレッチヒーローホームページキャンペーン

ストレッチヒーローダイエットストレッチホームページキャンペーン

▼店舗予約・お問合せ

下記のバナーをクリックして、店舗ページよりお問合せ・ご予約ください。お待ちしています。

▼STAYHOMEでストレッチ

コロナ自粛疲れを解消するストレッチを動画やページ特集で発信しています。

最近の記事

▼求人情報

ストレッチヒーロー正社員求人

◇求人/スタッフ募集◇

未経験者歓迎、資格認定証発行、昇給有、各種手当有

▼新型コロナウイルス予防対策

PAGE TOP