ストレッチでなぜ体が柔らかくなるのか

体が柔らかい人と硬い人の徹底的な違い

体がやわらかい人

 

 

○○雑技団みたいに体が柔らかい人、

 

例えば、えび反りになって頭にお尻がついちゃうような人・・

 

 

『もう、骨とか関節とかの構造が違うんじゃないの?』そう思いますよね。

 

こんな研究結果があります。

上記に挙げたポーズができるくらい柔らかい人の前屈姿勢でのMRIを撮った結果・・・

骨・関節の構造は普通の人と全く同じだったみたいです。

 

では、何が違うのか?

 

筋肉を超音波で調べた結果、体が硬い方とは徹底的な違いがみつかりました。

それは、筋肉を覆っているコラーゲンの膜が老化物質になっているかどうか。この老化物質というのが

 

コラーゲン+糖(糖化)

 

運動不足や糖質の取りすぎなどで血糖値が高い状態が続くと、筋肉を覆うコラーゲンに糖がまとわりついて硬く(伸びにくく)なってしまうのです。

 

このまとわりついた糖をなんとか引き離して、若々しいコラーゲンで覆われたしなやかな筋肉を取り戻したい! 

 

それに効果的なのがストレッチなのです‼

 

 

【メカニズム】

 

①糖がまとわりついたガチガチな筋肉       

②ストレッチを行う

③コラーゲンをつくる繊維芽細胞が活性化

④糖化したコラーゲンを壊し、新しいコラーゲンに!

 

つまり、

ストレッチで体が美しく生まれ変わります!