その減量の仕方、あなたにあってる?

こんにちは! ストレッチヒーロー松江店です!

 

先日、ジムに通っている友人から方体のお肉🍖の付き方について

聞かれたので深く掘り下げてみようと思います!!

 

ダイエットをしたことがある人で、いくら運動しても減量しない、

見た目があまり変わらないと思ったことはありませんか??

 

人によって脂肪の付き方は違います。

・内臓まわりにつく内臓脂肪

・皮膚と筋肉の間につく皮下脂肪

があります。どのような違いがあるのか見てみましょう👀❕

 

内臓脂肪】

内臓脂肪は胃、腸、肝臓など内臓周りにつく脂肪です。

>危険性は血液に様々な影響を及ぼし健康被害の原因になります😲<

内臓に脂肪がつきすぎてしまうと血糖値を上げたり、血圧上昇の原因

になったりします。また、血液中の中性脂肪やコレステロールを増やして

しまうなど体に様々な影響を及ぼします。

POINT!👇

お腹をつまんでみて脂肪をつまむのが難しく、痛みを感じたら内臓脂肪の

可能性が高いです。また、皮膚がたるんでいるわけではないのにお腹が

出ている場合も内臓脂肪がついている可能性があります。

 

皮下脂肪

皮下脂肪は皮膚と筋肉の間に蓄えられる脂肪のこと。

寒さや衝撃など、外の刺激から守るクッションのような役割を果たしています。

しかし皮下脂肪が付きすぎると膝や腰などに負担がかかってしまいます。

厄介なのが一度体につくと中々離れてはくれません✖😫

POINT!👇

お腹をつまんでみて脂肪がつまめて痛くないのなら皮下脂肪。

見た目もわかりやすく皮下脂肪のお腹は皮膚がたるんで見えます。

 

このように脂肪は脂肪でも付き方や危険性は全く異なります。

その為、原因や脂肪の落とし方も変わってきます!

 

次回のブログではそれぞれの脂肪が付く原因、落とし方

紹介していきます!✐