【ストレッチ】と 【整体、マッサージ】の違い


 

マッサージ、整体、鍼(鍼灸)、カイロプラクティック、ストレッチなど、最近はたくさんのお店がありますね。

 

 

『どこかのお店に行きたい!だけど、どこがいいんだろう?』

 

 

 

と迷った経験はありませんか?

 

 

マッサージと整体の違い

 

 

自分の目的にはどこがあっているのかな?

と疑問にいる方もいらっしゃると思います。

 

 

このページでは

【ストレッチ】と【整体やマッサージ】の違いを紹介しています。

 

 


 

 

簡単にいうと、

筋肉を伸ばすのがストレッチで、

押したり揉んだりするのが一般的な整体やマッサージです。

 

つまり方法(手技)が違います。

 

しかし方法だけでなく、実はもっと大きな違いがあるのです。

それは、

 

①目的

②効果

③アプローチする(できる)筋肉の範囲

 

これらが異なります。

それでは詳しく説明していきますね。

 

 


①目的が違う

<整体やマッサージ>

 

整体とマッサージの違い

あなたはどんな時に整体、マッサージに行きますか?

 

■すごく疲れがたまっているとき?

■肩や首、腰などが痛いとき?(症状が出たとき)

■足がむくんでパンパンに張っているとき?

 

こんなときに整体院や、マッサージ店に行くのではないでしょうか?

 

このように『身体に不調がでてから行く』方が多いのがマッサージで、

体のコリや痛みなどの不調を改善して癒すのが大きな目的です。

 

 

 

 <ストレッチ>

首のストレッチ

 

 

ストレッチは、硬くなった筋肉を伸ばすことによって本来の身体の状態に戻していきます。

もちろんマッサージのようにコリの解消にもオススメですが、

 

一番の目的としては

 

■疲れにくい体をつくる

■肩、首、腰などコリにくい体をつくる

■むくみにくい体をつくる

■健康で強い体をつくる

 

 

など、

『身体に何かがおきてから』ではなく、起きる前の『予防』が大きな目的です。

 

 

 

運動の際などに動きやすい身体、

疲れにくくコリにくい健康な身体づくりを目的としています。

 

 

 

 

 

 

 


②効果が違う

 

<整体やマッサージ> 

 

例えばマッサージの場合、

肩が凝っているときに、肩の周辺の筋肉を押したり揉んだりして、

筋肉の緊張やコリをほぐします。

 

疲れを癒してくれたり、

心身ともにリラックスさせてくれる効果があります。

 

<ストレッチ>

 

硬くなった筋肉を伸ばすことによって、

『体の柔軟性を高める』『関節の可動域を広げる』

といった効果があるストレッチ。

 

体を柔らかくしたり動きやすい体にします。

 

終わった後は体が柔らかくなったのを実感したり

スッキリ爽快感があります。

 

 

腕を上げる動きの変化
腰を反る動きの変化

③アプローチする筋肉の範囲が違う

 

<整体やマッサージ>

 

主に手のひらや指で、直接筋肉を押したり、揉んだりするのがマッサージ。

一般的な整体院では、骨盤や背骨等を矯正して筋肉のコリや疲労をほぐしていきます。

 

 

点で圧をかけ、主に表層筋(表側の筋肉)にアプローチします。

そのため、深層部(奥の筋肉)のコリまで届かないこともありますが、表面のコリには効果的です。

ピンポイントで押さえることができます。

 

 

 

<ストレッチ>

 

関節を動かしながら筋肉を伸ばすストレッチは、柔軟性や関節可動域の向上にも最適です。

 

 

そして関節を動かしながら伸ばすストレッチでは表層筋はもちろん、マッサージでは届きにくい深層筋(身体の奥の筋肉)まで同時にアプローチできます。

これは慢性的なコリにお悩みの方にもオススメです。

 

 

 

また、1つの筋肉だけではなく同時に複数の筋肉も伸ばせる

というのがストレッチのメリットでもあります。

 

 

 

 

 


当店のストレッチの特徴

開脚ストレッチ

 

 

 

 

全身のHEROストレッチでは約30分で50手技以上のストレッチを行います。

当店のストレッチは「リラクゼーションのみ」が目的ではないので、極力短時間で変化を出すことを目指しています。

 

 

 

そして『ストレッチ』にも実はたくさんの種類があり、

 

当店では

【スタティックストレッチ】:じわーっとゆっくり時間をかけて伸ばす

【バリスティックストレッチ】:反動をつけて動かしながら伸ばす

【ダイナミックストレッチ】:動きを伴いながら伸ばす

【ダイレクトストレッチ】:直接筋腹を押さえる

【徒手抵抗(PNF的)ストレッチ】:一度抵抗を加えてから伸ばす

他にも【コンプレッションストレッチ】【IDストレッチ】など

7種類のストレッチを組み合わせています。

 

目的や、筋肉の部位によって使い分けています。

 

 

 

 

当店のストレッチは動かしながら筋肉を伸ばします。

 

 

凝り固まった筋肉がしっかり伸び、

ストレッチ後はスポーツの後のように”スッキリ爽快”!

 

 

「痛いけどスッキリして気持ちいい~♪」

「マッサージとはまた違った爽快感がある」

「セルフストレッチでは伸ばせない所まで伸ばしてもらえる」

 

というお声を、クライアントさんからよく言っていただけます。

 

 

 

プロのトレーナーがあなたに合ったストレッチを行い、

普段自分では伸ばすことのできない多くの筋肉を伸ばすことができます。

 

 

 

 

 

・不調の改善や癒し、リラクゼーションを求めるなら整体やマッサージ

・柔軟性を高めてコリにくい体、動きやすい体をつくるならストレッチ

 

 

どちらが良い悪いではありませんが、目的に合ったお店選びが大切です。