腹式呼吸の良いところ

こんにちは!ストレッチヒーロー松江店です!

 

普段何気なく息を吸ったり吐いたりしていますが、

自分かどのような呼吸をしているのか分かります⁇🤔

 

呼吸には胸式呼吸腹式呼吸の2通りがあります!

一般的に胸式呼吸の方が多いと思います。

反対に腹式呼吸をしてみよう思ってもできない人が多いのでは

ないでしょうか?

 

どちらが良いという訳ではなくそれぞれに使うと良いタイミングが

あります!

それぞれの特徴について見てみましょう👀

 

>胸式呼吸<

胸式呼吸は、胸郭の肋骨についている肋間筋と呼ばれる筋肉を動かすことで、

肺が膨らみながら広がり呼吸が行われます。

胸だけでなく、肩や喉も同時に使います。

 

筋トレ中にこの呼吸法を取り入れてみるのも良いです〇

 

胸式呼吸は、自律神経の「交感神経」を刺激し、血液を筋肉や脳に集めて

心身を活発に動かす作用もあります。

 


>腹式呼吸< 

腹式呼吸は、横隔膜を押し上げたり、下げたりといった収縮によって呼吸を

行います。落ち着きやリラックスしているときに働く「副交感神経」を刺激

することで、血液やホルモンの循環が良くなり、緊張からの解放、精神の安定、

心身の休息と回復などの作用が期待できます!

また、お腹を何度も動かすことでインナーマッスルが鍛えられ「お腹の引き締め」

にも効果的です!

 

『リラックス効果』

1.腰痛の症状やわらぐ

2.代謝が良くなる

3.血液やホルモンの流れを正常化する

4.内臓機能の向上

5.冷え性が改善する

 

緊張や力みをほぐしたいとき、寝る前など意識してみると良いです◎

 

 

【腹式呼吸のやり方】

・仰向けになってお腹に手を置く。

 

・口をすぼめて、肺にある空気を

 すべて吐き出す。

(吐き出すときにお腹がへこんでいるのを

 確認する)

 

・鼻から息を吸う

 (吸い込むときにお腹が膨らむように

  意識する)

 

・何度か繰り返し行う。

 

 

人は緊張状態であったり、イライラしている時、どうしても呼吸が

浅くなってしまいます。そんなときに思い出して腹式呼吸してみましょう👩‍🏫