腰痛はドライバー(運転手)の職業病!?

 

当店には腰痛でお困りの方が多く来店されています。

 

中でもタクシーやトラックの運転手さんなど

長時間運転される方が多く、

 

腰痛はドライバーの職業病とまで言われています。

 

 

 

腰痛の約85%は原因不明(骨や椎間板などに問題がない)と言われていますが、

皆様にはある共通点があります。

 

・お尻~フトモモの裏側が硬くなっている(柔軟性が低下している)

・お腹が硬くなっている

・お尻、ふくらはぎにがひどく疲れている

 

 

 

腰痛で”腰を揉んでいませんか?”

原因はそこではないんです。

 

・フトモモの裏側が硬くなっていませんか?

・呼吸が浅くなっていませんか?

・座っているのに脚がダルくなりませんか?

・その腰痛、座りっぱなしの時が1番つらくないですか?

 

当店では

崩れた姿勢、長時間の同じ姿勢で血流が悪くなり腰が酸欠状態になることが

痛みの大きな原因と考えております。

 

 

そのためお尻、フトモモの裏、お腹、ふくらはぎだけでなく

全身のストレッチで姿勢を見直し、体を変えていきます。

 

『押す』でも『揉む』でもなく、『伸ばす!!』

ストレッチの効果を体験してみてください!