油抜きダイエットはキレイになれない!

 

先日『亜麻仁油』をいただきました(^^)/
美容や健康に”油”

 


オメガ3、6、9とか、
飽和脂肪酸、不飽和脂肪酸
トランス脂肪酸など、
 
なんか聞いたことありませんか?
 
今日はそんな”油”についての話です(^^♪
 
 


【油不足は美容の大敵!】
 
美容やダイエットに油と聞くとなんとなく敬遠しがちになりませんか?
 
”油”と一言で言っても種類はさまざま。
『積極的に摂りたい油』
『控えたい油』があります。
 
油不足は肌荒れや髪のパサつきなど美容の大敵!
賢く油を摂ってキレイな体を目指しましょう!
 

すこ~し長くなりますので美容と健康の秘密を知りたい方はしっかり読んでくださいね(^^♪
時間がない方は最後簡単にまとめていますので、そちらだけでもチェックしてみてください♪
 
 

 
まず油は
【飽和脂肪酸】【不飽和脂肪酸】に分けられます。
 
【飽和脂肪酸】
肉類やバター、乳製品などに含まれ摂りすぎは悪玉コレステロールがたまり注意です。
ただ、魚の油は血液をキレイにしてくれるため”摂りたい油”です。
 
なかでも『中鎖脂肪酸』といわれるココナッツなどに含まれる成分は善玉コレステロールの働きを助けます。
体内でも、消化・吸収が、代謝が速く脂肪がつきにくいためダイエット中でも効果を発揮します♪
 


【不飽和脂肪酸】
不飽和脂肪酸は『オメガ3』『オメガ6』『オメガ9』に分けられ積極的に摂りたい油です。
特にオメガ3とオメガ6は体内で生成されないため食物から摂取する必要があります。(必須脂肪酸)
 
『オメガ3』:青魚やえごま油、流行りの?チアシードなどに含まれ中性脂肪やコレステロール値を抑制、血流の改善、月経前症候群(PMS)の緩和などの効果が認められています。
 
『オメガ6』:コーン油、ごま油などに含まれます。必須脂肪酸ですが現代人は摂りすぎている方が多く、過多はアレルギーを悪化させるリスクもあります。バランスよく摂りたい油です。
(オメガ3とオメガ6の割合は1:4が望ましいとされています)
 
『オメガ9』:オリーブ油、キャノーラ油などに含まれ、善玉菌を増やしてくれる効果が期待できます。
 
オメガ3、オメガ6を含む油は酸化しやすいため加熱料理には向いていません。サラダなどに少量かけて頂きましょう♪
逆にオメガ9は酸化しにくいため加熱料理にも〇ですよ(^^♪
 

 

【摂りすぎ注意!!】
マーガリン、ショートニングなどに多く含まれる『トランス脂肪酸』は摂りすぎ注意!
お菓子、ケーキ、パンなどに多く含まれていますよ!
 
 
 
【まとめ】
・加熱料理にはオリーブ油、紅花油、キャノーラ油!
・サラダなどにかけて食べたい、コーン油、亜麻仁油、えごま油!
 特に体内ではつくられないので食事から摂る必要あり。
・魚の油は血液をキレイに!魚もしっかり食べたいですね。

・マーガリン、ショートニングは摂りすぎ要注意!
 

 

 

油は美容&健康に必要!
私も亜麻仁油をサラダにかけて頂いてます(*^^)v