PMS(月経前症候群)を知る

 

 

生理前、腰痛やむくみといった身体の不快感を感じることや、やけにイライラしたり憂鬱になったりすることはありませんか?もしかするとそれはPMS(月経前症候群)かもしれません。

 

 

 

【PMS(月経前症候群)とは?】

 

女性が生理になる3日~10日前頃におきる不快な症状をいいます。イライラしやすくなったり、意味もなく泣きたくなったり、肌荒れ、むくみ、頭痛など様々な不調が同時におこります(>_<)症状は200種類以上もあると言われていて、女性の8割以上が経験しているそうです。

 

 

 

 

【PMSの症状】

 

 

1、心の症状

・イライラする

・憂鬱になる

・泣きたくなる

・孤独感を感じる

・やる気がおきない

・集中できない、など

 

 

2、身体の症状

・肌荒れ

・腰痛

・頭痛

・むくみ

・胸が張る

・体重増加、など

 

 

 

 

 

 

 

【PMSがおこる原因は?】

 

PMSの原因ははっきりわかっていませんが、黄体期に分泌される女性ホルモンのバランスが崩れることが原因ではないか、と言われています。

排卵の準備をおこなう役目の「エストロゲン」、妊娠を助ける役目の「プロゲステロン」、この2つの分泌量が変化することによって、身体の不調につながります。

 

 

女性ホルモンの分泌量が変化すると・・・?

 

・体が水分をためこみ、むくみやすくなる

    ・・・⇒足に水分が多くなると足がむくみ、頭だと頭痛に。

・幸せを感じる脳内物質「セロトニン」が少なくなる

    ・・・⇒精神バランス崩れ、不安やイライラの原因に。

 

インスリン(血糖値を下げるホルモン)の効果が低下し、血糖値あがるため、この上がった血糖値をさげるために多量のインスリン必要

    ・・・⇒甘い物が食べたくなる。

 

そして、性格も要因のひとつで、几帳面で神経質な人などはPMSになりやすいといわれています。

 

 

 

 

 

症状を緩和させるためには?】

 

・ストレスをためない

精神状態が不安定なときに、仕事や人間関係のストレスが加わると、さらにイライラしやすくなっり落ち込みやすくなります。なるべく無理をしないようにしましょう。

 

・鉄分をしっかり補う

鉄分が不足することでPMSの症状が悪化すると言われています。鉄分の中でも「ヘム鉄」とよばれる鉄分を多くとるように心がけましょう。「ヘム鉄」は、体内へ吸収されやすい鉄分で、マグロやカツオ、レバーなど魚や肉に多く含まれています。

 

・軽い運動やストレッチをする

体を冷やさないよう、適度な運動をすることで身体が温まり、精神的にもリフレッシュできます(^^♪お風呂あがりなどにゆっくりストレッチをしてリラックスするのも効果的です。

 

・アルコール、カフェイン、塩分の摂取を控える

これらを多く摂取するとイライラやむくみ緊張感などを高める原因になり、PMSを悪化させる原因につながるので注意しましょう。

 

 

 

PMSの症状は人それぞれです。自分の体調をきちんと意識することも大切ですね(^^)