【タイプ別】便秘のケア方法♪

 

 

 

 

前回の記事で紹介した自分の便秘の種類知っていますか?の続編です(^^)

 

便秘の種類によって、ケア方法が異なります。自分の便秘の種類を知ったうえで、対策を行うことが大切です(^^♪

 

 

今回は便秘のタイプ別のケア方法をお伝えします(^^♪

 

 

 

 

【ダイエットタイプ(食事性便秘)】

朝食をしっかり食べることが大切です。ダイエットをするにあたっても食事を極端に減らすのではなく栄養をしっかり摂り、運動もしながら徐々に体重を落としていくようなバランスのとれたダイエットがおすすめです(^^♪

 

 

 

【運動不足タイプ(弛緩性便秘)】:(お腹が張る、排便後も残便感があるなど)

ウォーキングなどの運動をすることで、腸の蠕動(ぜんどう)運動を促します。水分を含んで膨らむ不溶性食物繊維水分を積極的に摂取することが効果的です。

(不溶性食物繊維:根菜類、きのこ類、緑黄色野菜、穀類、豆類、イモ類など)

 

 

 

【トイレ我慢タイプ(直腸性便秘)】:(便意感じない、排便時に時間を要するなど)

⇒朝食前に水分を摂り、朝食後はトイレへ行く時間をつくったり、便意がある時は我慢せずにトイレへ行く習慣をつくることが大切です。水に溶け、便を柔らかくするための水溶性食物繊維を積極的に摂ることが効果的(^^)/

(水溶性食物繊維:こんにゃく、昆布、ひじき、わかめ、果物など)

 

 

 

【ストレスタイプ(痙攣性便秘)】(うさぎのフンのような便、食後の腹痛、残便感など)

ストレスを溜めすぎないよう、ストレスの程度に合わせて趣味や睡眠などでリフレッシュするようにしましょう。アロマオイルなどを使うなどして、リラックスする時間をとることも大切です。海藻、こんにゃくなどの水溶性食物繊維を摂ることも効果的です。

 

 

個人差がありますが、自分の体調、便秘のタイプをしっかり理解した上で、出来ることから始めてみてください(^^♪