タオルを使って四十肩五十肩を予防!

 

 

ある日、急に痛みで肩が上がらなくなる四十肩(五十肩)。

 

肩関節はとても広い範囲を動かせれるようになっていますが、構造が複雑で炎症が起きやすく、その原因はまだ定かではありません。病院に行っても特に対処法はなく、湿布をもらって終わることが多いです。

 

この四十肩(五十肩)は正確には「肩関節周囲炎」といい、30代後半~60代の方に多く起こる症状です。

 

 

この五十肩(四十肩)の予防には、ストレッチが有効とされています(^^)/

20代、30代と早めから予防をしておくことも大切です。

今回は、タオルを使った四十肩予防ストレッチをご紹介します♪

 

 

 

【肩・肩甲骨まわりのストレッチ】

 



・タオルを肩幅より広く持ち両手を上げます。

・肩甲骨を寄せるように肘を曲げ、首の後ろへ引き下ろします。

 

・背中が丸くならないよう注意しましょう。

 

 

 

 


・タオルを背中側で片手は上から、片手は下から持ちます。

 

・初めに両手でタオルを引っ張り合います。(5秒)

・タオルを上に引っ張ります。

・タオルを下に引っ張ります。

・交互に行いましょう。

 

※タオルの両端を持つことで強度を緩めることができます。

 無理のない幅を選びましょう。

 

 

 

 【体の横(側面)のストレッチ】


・タオルを肩幅より広く持ち両手を上げます。

・真上に伸び上がるように胸を張ったまま状態を真横へ

 倒します。

 

 

 

 

 

正しいストレッチをすることはケガや病気の予防、老化防止など様々な効果があります。

日頃からストレッチの習慣をつけておくといいですね(^^♪