”子どもの手足が冷たい!”子どもの冷えが引き起こす影響とは?

 

 

お子様の手足は冷たくありませんか?

 

 

 

最近、”子どもの手足の冷え”が増えてきています。

体温調節機能の低下、冷え性が引き起こす体への影響とはどのようなものがあるのでしょうか。

 

 

【子どもの手足が冷えるとどうなるの?】

 

・集中力が低下する

・免疫力が低下し、風邪をひきやすくなる

・疲れやすく、日中元気がない

・イライラする、怒りやすくなる

・おしっこが近くなる

・しもやけになる

 

 

 

 

【冷える原因、NG生活習慣とは?】

 

 

自律神経の乱れ体を冷やす環境食生活により血行が悪くなることが原因といわれています。

 

 

寝る時間が遅い

 

就寝時間遅いと自律神経を正常に働かなくさせる原因になってしまいます。遅く寝る習慣が身に付いてしまうと睡眠不足になるので、学校へ行っても”眠い””集中できない”など学校生活にも影響がでてしまいます。

 

 

 

 

朝食を食べない

 

 

朝食を食べないと、身体を温めるエネルギーが不足してしまうため、身体が冷えやすくなってし4まいます。また、朝食はフルーツや牛乳、ヨーグルトなどを食べることが多いですが、冷蔵庫から出してすぐの冷たいものを口にするのも、身体を冷やす原因になるので、牛乳は温めたりヨーグルトは少し早めに出しておくなど工夫することも大切です(^^)

 

 

 

 

運動不足

 

最近は、子どもが被害を受けるトラブルがあったりゲームの普及などで外で遊ぶ機会が少ないかもしれません。外で遊ぶ機会が減り、筋力が低下することも冷えに関係していると言われています。質の良い睡眠をとるためにも、外で思い切り遊ぶことは大切です(^^♪

 

 

 

 

冷房の使い過ぎ

 

暑い時に冷房で部屋を冷やしすぎると体温調節機能がうまく働かなくなってしまうので冷えやすくなってしまいます。また、アイスなど冷たいものを食べたり冷たい飲み物をたくさん飲むことが習慣化してしまうことも冷えやすい体質変えてしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【対策をして冷え性にならない身体に!】

生活習慣を見直して、冷え性を改善、冷え性になりにくい体をつくっていきましょう(^^)

 

 

■早寝早起きをする

■朝食をしっかり食べる

■適度な運動をする

■エアコンの温度を下げすぎない

■冷たい食べ物飲み物を多く摂りすぎない

■水分補給をしっかりする(常温か温かいものなど)

■温かいお風呂に浸かって血行を良くする

■寝る前に軽いストレッチをする

■寝る前に夜ゲームをしない、など

 

 

 

 

 

 

一緒に楽しくできるものとして、足指じゃんけん”があります。

足の指がなかなかうまく使えてないお子さんが増えてきています。

足の指の筋肉がうまく使えていないことは冷えの原因になってしまいます。

しっかり『グー』『チョキ』『パー』をつくってお子さんと一緒に足指じゃんけんをしてみてください(^^♪