いよいよ東京マラソン!ランナーに多い膝の痛み

 

今週末、2/26(日)は東京マラソン(^^)

毎年すごい盛り上がりですね♪

 

 

当店のクライアント様も何名か参加されます!

ストレッチで体のメンテナンスもバッチリ(^^♪

 

 

さてランナーに多い膝の障害として腸脛靱帯炎が挙げられます。

いわゆるランナー膝です。

 

 

 

今日はそのランナー膝について探っていきます。

 

 

 

ランナー膝って?どこに痛みが出るの?

 

まず、腸脛靭帯は骨盤~膝下の外側についているとても長~い靭帯で、人体最大の靭帯です。

起始:腸骨結節と大殿筋前上部および大腿筋膜張筋

停止:脛骨付近の外側結節

 

炎症が起きやすい場所は膝の外側(大腿骨外側顆付近)です。

 

膝の曲げ伸ばしを繰り返す中で腸脛靭帯と膝の外(正確には大腿骨外側上顆)が擦れることで炎症を起こしてしまいます。

 

女性では股関節の外側に痛みが出る方もいます。

 

 

 

なんで痛くなるの?

 

原因は多く考えられますが、まずは使い過ぎ(オーバーワーク)です。

そのため腸脛靭帯炎では局部安静の保存療法が一般的です。

 

その他にも

・ウォームアップ不足

・硬いシューズ

・下り坂の多いコース

・柔軟性の低下

などがあります。

 

 

 

ランニング時の体重の乗せ方、骨盤~背骨、頭の位置、肩甲骨の使い方などランニングフォームも大切です(^^)

 

 

◎柔軟性は保てていますか?

 

◎走った後のカラダのケア(ストレッチやアイシングなど)はしていますか?

 

特に腸脛靭帯とつながる『ももの外側の筋肉(大腿筋膜張筋)』『お尻の筋肉』

腸脛靭帯の下にある『もも前(特に外側広筋)の筋肉』の柔軟性が大切♪

 

 

こんなセルフストレッチがありますよ(*^^)v