食べ物を飲み込みにくい!

 

『食べ物を飲み込みにくい』

『誤嚥してしまう』

 

物を飲み込む動き(嚥下動作)には喉の周りの筋肉が関係していますが、

実は姿勢も大きく関係してるのをご存知ですか?

 

今日はそんな嚥下動作と姿勢の関係についてまとめていきます。

 

 

 

物を飲み込む時に働く筋肉

 

喉の所には『舌骨(ぜっこつ)』という骨があり、

この舌骨が上がる(挙上)ことで食べ物が喉を通過します。

 

その働きに関係しているのが

舌骨の上に位置する”舌骨上筋群

舌骨の下に位置する”舌骨下筋群”です。

 

飲み込む動きの時に舌骨上筋群が舌骨を持ち上げます。

つまり舌骨を引き下げる舌骨下筋群が硬かったり短縮した

状態だと、舌骨の持ち上げを邪魔してしまいうまく飲み込

めなくなってしまうのです(+o+)

 

 

ポイントは舌骨下筋群の柔軟性!

 

舌骨下筋群の中でも肩甲舌骨筋がキモです(^^♪

肩甲舌骨筋は舌骨から肩甲骨に付着しています。

 

つまり不良姿勢で背中が丸まり肩甲骨が開いた状態で

固定されるとこの肩甲舌骨筋が過剰に緊張・伸縮して

しまうのです。

 

 

舌骨下筋群、舌骨上筋群にもアプローチする

小顔ストレッチ™


 

美容効果だけではないSTRETCH HEROの小顔ストレッチ™。

ぜひお店で体験してみて下さいね♪