”深い呼吸”で不調を改善!

 

 

 

普段、”深い呼吸”できていますか?

 

 

・疲れやすい

・姿勢が悪くなる

・肩がこる

・代謝が落ちてやせにくい

・顔のしわやたるみが増える

・気分晴れない

など体の不調を感じやすい方はもしかすると呼吸が浅くなりやすいかもしれません。

 

 

 

”腹式呼吸”で深い呼吸を意識しましょう(^^)

 

 

呼吸と自律神経は深い関係にあります。

深くゆっくり呼吸をしているとリラックス時にはたらく副交感神経がスムーズに働き、ホルモンの分泌や免疫のはたらきが正常になります。

しかし呼吸が浅くなってしまうと、副交感神経のかわりに緊張したときにはたらく交感神経ばかりがはたらくようになり、ストレスを感じやすくなったり、疲れやすくなったり体の不調を引き起こしてしまいます。

 

 

 

【腹式呼吸のやり方】

まず、お腹をへこませから息をゆっくり吐きます。

この時、最後までしっかり吐き切りましょう。

次にお腹を膨らませながらから息を吸います。

 

 

これをゆっくり繰り返します。

テレビを見ながら、寝る前、仕事の休憩中など最初は気づいた時に

意識してみてください(^^♪

 

 

 

 

【腹式呼吸の効果】

・副交感神経が優位になり、リラックス効果

・代謝がアップし痩せやすい体に

・姿勢がキレイになり若々しい印象に

・血行が良くなり冷え性などの改善

など他にも様々なメリットがあります(^^♪

 

 

 

当店では呼吸をする時に使う横隔膜のストレッチも行っています。

深い呼吸を身につけ、不調に負けない体に変えていきましょう(^^)/