4月から熱中症を予防しましょう!

 

 

『夏に気を付けないと!』と思っている熱中症
 
しかし熱中症は、夏だけでなく4月5月から秋にかけて、気温・湿度の高い日であればいつでも起こりやすく、毎年死亡事故も発生しています。
 
 
~熱中症を予防しましょう!~
 
【環境の条件を把握】
それほど気温が高くなくても、湿度が高い場合は要注意です。
運動の内容や強度、継続時間に合わせこまめに水分補給をすることが大切です。
運動の際は塩分の入った飲み物(スポーツドリンクなど)がオススメです。
 
 
【暑さへの慣れ】
熱中症は急に暑くなった梅雨明けや、夏以外でも急に暑くなると発生します。
体が暑さに慣れていないためで、急に暑くなったときには軽めの運動で徐々に体を慣らしていきましょう。
 
 
【個人の体調など】
肥満傾向の方、体力の低い方、暑さに慣れていない方は要注意です。
また運動前には、自分の体調や周りの方の体調にも注意を払うことが大切です。
下痢、発熱、疲労など体調の悪い時には無理をせず、自分の体に合わせた運動の強度、水分補給、休憩などで予防しましょう(*^^)v
 
 
【服装】
服装は軽装で、通気性の良い素材がおすすめです。
外で運動する際は直射日光を防ぐため帽子を着用しましょう。
 
 
これから運動を始める方や、新学期も始まり体育の授業や部活動の際にも気を付けたいですね。
自分の体や体調にあった運動で、ムリしないことが大切です(^^)
運動をしているときに限らず、屋内にいる際にも水分をこまめにとるように意識しましょう(^^♪