『手術するしかない』といわれた膝がなぜ、ストレッチで曲がる様になったのか

『膝が痛くて曲げることも、長く歩くことも出来ません。』
 
 
そう言って来られたクライアントさん。
 
正座もしゃがむこともできない。
好きなスポーツが楽しめない。
歩くと膝だけでなく足首にも痛みが出る。
 
  
整形では『手術するしかない』
と言われたその膝がなぜストレッチで曲がる様になったのか。
 
足の歪み(O脚)も1回のストレッチでこの変化


※放っておくと『変形性膝関節症』のキケンも!

O脚用の手技を含んだ”足べっぴんストレッチ”はこちら

 

膝痛の方は太ももの前の筋肉(大腿四頭筋)が拘縮していることが多く、

通常この部位のストレッチと言えば写真①のように膝を曲げた状態でストレッチしていきます。

 


 

 

しかし、膝が曲がらない(曲げると痛みがある)方にはこのストレッチができません。

 

では、どうするのか。

 

STRETCH HEROでは3つのポイントでアプローチしていきます。

 

①直接筋腹を抑えることで伸ばす”ダイレクトストレッチ”を用いる。

ピンと張ったゴムを上から押さえるとその長さが伸びるように、筋肉を直接押圧することでストレッチをかける方法です。

 

 

②筋肉の始まりと終わり(起始・停止)周辺へアプローチする。

例えば大腿四頭筋のうち、膝を曲げる動きに関わる大腿直筋は

骨盤の前面(下前腸骨棘)から始まり、膝をまたいで膝下(脛骨粗面)までつながっている筋肉です。

この際曲がらない膝周辺ではなく、骨盤まわりのストレッチを行います。

 

 


③出来るだけ動かしながら可動域を広げていく

当店では膝痛に限らず腰痛などでも基本的に動かしていきます。(外傷・急性痛は除く)※痛みがある動きは行いません。

筋肉に力を入れる時はその反対側の筋肉は緩む(相反神経支配)といった筋肉の性質を活かしていきます。

 

 

 


 
 
私たちは治療家ではありませんが、こういった症状に悩む方は多くいらっしゃいます。
 
 
『膝が曲がらなくなった』『あぐらが組めなくなった』
昔出来てたことができなくなるのは”老化”です。
 
『体が硬くなった』
これも老化。
 
出来なかったことがまたできるようになったら”若返り”ですね♪
 
私たちはストレッチであなたの”若返り”をお手伝いしています(^^)”出来ること”を増やしていきましょう♪