寝る前の〇〇で健康に!?

 

 

特にこの暑い時期、寝ている時暑くて目が覚める方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

 

寝ている時、コップ1杯程度の汗をかくと言われています。

夏であれば2杯程度汗をかいているそうです(゚д゚)

 

 

そこで、寝る前の水分補給はとても重要!

 

 

寝る前に水分を摂ったらむくみそう・・・

太りそう・・・

そう不安に思う方もいらっしゃいます。

 

 

 

しかし、正しい水分補給はメリットがたくさん!

〇朝までぐっすり眠れる!

寝ている時汗をかくと、体内の水分が不足してしまい脱水症状を起こしてしまい、夜中に目が覚めてしまうことも。寝る前に水分を摂っておけば朝までぐっすり眠れます(^^)

 

 

〇痩せやすいカラダに!

寝る前に水分補給をすることで、血流が良くなるので代謝が上がり痩せやすい体に(^^)

むくみそう、太りそうと思って水分を摂らないことは逆に血流を悪くしてしまいます(+o+)

 

 

 

〇病気の予防に!

体内の水分不足は血流が悪くなり血液がドロドロになります。そのため脳梗塞や心筋梗塞にかかるリスクが高くなってしまうため、寝る前の正しい水分補給で健康な体をつくりましょう。

 

 

 

 

■正しい水分補給のやり方は?

 

寝る30分前にコップ1杯分のお水を飲みます。

5~15度の常温のお水がオススメです。

 

 

■こんな飲み方はNG!

 

 

〇寝る直前に飲む

就寝中は腎臓の働きも低下するので、余分な水分を排出しにくくなります。

そのため、寝る直前の水分補給はむくみの原因になってしまうので、30分前に飲むのがオススメ!

 

 

〇冷たい水を飲む

冷たい水を飲むと体を冷やしてしまい、血流が悪くなってしまいます。

そして胃腸の働きも低下させてしまうので要注意です(>_<)

そして大量の水を飲むこともむくみの原因になるので、コップ一杯程度がベストです。

 

 

 

 

寝る30分前にコップ一杯程度の常温の水を飲むことで健康な体づくりができます。

 

 

夜中何度も目が覚める方、寝ても疲れがとれていない方、ぜひ正しい水分補給をしてみてください(^^)