乾燥肌の原因は自律神経!?

こんにちは!

ストレッチヒーローです(^^)/

この季節、気になってくるのが「乾燥肌」「敏感肌」

手のひらのカサカサに洗濯物や手袋の繊維がひっかかってイライラ。

ほっぺたも粉吹いてる!?

と、肌が乾燥してくると日常でイライラしてくることも多いと思います(+_+)

冬は気温が低く、湿度も低いためお肌の水分も蒸発しやすいです。

ですが、それだけが乾燥の原因ではありません!

その乾燥肌、「自律神経」のバランスが崩れているかもしれません(*_*;

自律神経は呼吸や消化、体温調節などを意識せずコントロールしてくれています。

活動的な働きをつかさどる「交感神経」とリラックスしているときに働く「副交感神経」、この二つがバランスよく保たれることによって、自律神経は健康に守られます。

しかし、この「自律神経」は大切な働きをする分ストレスなどの影響を受けやすいのです。

そのストレスは様々な原因があります。

例えば睡眠不足だと、副交感神経の働きが弱くなり自律神経のバランスが崩れます。

そうすると肌の細胞のターンオーバー(細胞の生まれ変わる周期)が狂い、肌荒れや乾燥肌に繋がってしまいます。

そして、体の血流に滞りがあったりそれによって体が酸素不足になることによっても自律神経のバランスは崩れてしまいます。

この血液の滞りや酸素不足は、体の柔軟性にも関係してきます( ゚Д゚)!

血液は体中に酸素を送る役割をもっています。その血液はただ流れているのではなく、送り出す役割を持った器官もあります。

それが「筋肉」です!

筋肉が硬くなってしまうと、血液を送るポンプ作用が弱くなり、体は酸素不足に(/_;)

そして酸素不足のストレスは自律神経のバランスを崩し、肌荒れ・乾燥肌を引き起こしてしまいます(+_+)

他にも栄養面のことや、最近だとスマホやパソコン、SNSからのストレスも多くなってきました。

気温や湿度も影響してくることもありますが、外側からの乾燥に負けない、内側からのうるおいを作っていきましょう✨

自律神経と体の柔軟性との関係は密接でとても大事です。

「柔軟性と乾燥肌」この離れているようで大切な関係はしっかり保っていきましょう(^^♪

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

乾燥肌は首が硬い!?

体の硬さとお肌の関係は深く、首まわりの筋肉が硬いと顔にも酸素が行きにくくなり、乾燥肌の原因にはもちろん、むくんだりシワやたるみの原因になってしまう可能性があります。

そんなあなたのために自分で出来る小顔のセルフストレッチを伝授するセミナーを開催!

毎日1分でできるケア方法+当店の小顔ストレッチ体験をためしてみませんか?

参加枠も残り僅かですのでお早めに申し込みください☆彡

詳しくはこちらから⇒「小顔ストレッチセミナー」開催!

ブログアーカイブ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

▼HP限定割引情報

▼店舗予約・お問合せ

下記のバナーをクリックして、店舗ページよりお問合せ・ご予約ください。お待ちしています。

▼STAYHOMEでストレッチ

コロナ自粛疲れを解消するストレッチを動画やページ特集で発信しています。

メディア出演経歴/依頼

最近の記事

PAGE TOP