疲れの抜けない朝は呼吸で変わる

 

 

 

こんにちは!

ストレッチヒーローです(^^)/

 

 

「すごく寒い日は減ってきたな~、このまま暖かくなってほしいな(*'▽')」、と思っていたのですが、今朝の寒さで跳び起きました(笑)

 

 

窓の外は銀世界!どおりで寒いわけですね(+_+)

 

 

 

いつまでも暖かい布団に包まっていたいですが、スッパリ起きてストレッチです(^^)/

 

 

 

そんな寒~~い朝ですが、寝ても疲れがとれていなかったり全然寝た気がしなかったり。

そんな朝もありますよね(*_*;

 

 

 

 

さまざまな要因で、睡眠の質が低下しているのが朝の疲れの原因です。

 

たとえば睡眠時の呼吸が浅くなっていると、「寝た気がしないな~(*_*;」「まだ疲れてる・・・」と朝起きた時に感じてしまいます。

 

 

でも寝ている時の呼吸を意識しましょう、と言っても寝ているんだからできませんよね(;・∀・)

 

 

 

ですので、寝る前の呼吸をまずは意識してみましょう(^^)/

 

 

 

 

ゆっくり鼻から息を吸って、吐く♪

リラックスして、体の緊張が抜けて寝つきも良くなることでしょう。

 

 

 

普段から呼吸が浅いと、体も硬くなりやすいですし疲労も溜まる一方です!

胸の筋肉や、横隔膜などの呼吸する際に必要な筋肉が硬くなっていると呼吸は浅くなりやすいです( ゚Д゚)

 

 

肩が巻き肩になってしまっている方や猫背になっている方はそういった筋肉が硬くなっていることが多いので要注意です(>_<)

 

 

寒い夜もゆったりリラックスで、気持ちの良い朝をむかえましょう(^^♪