1日ちょこっと♪チョコレート

 

 

こんにちは!

ストレッチヒーローです(^^♪

 

 

 

先日はバレンタインデーでしたね♪

みなさんチョコレートはもらえましたか?

 

 

バレンタインに女性から男性にプレゼントをするのはなんと「日本」のみで、外国では男性から花束や愛の告白を送るんだそうです✨

ロマンチックですね(#^^#)

 

 

 

甘くておいしいチョコレート。

バレンタインもあり、2月は最もチョコレートの消費量が多いそうです!

 

 

 

近年男性はもちろん、女性も「友チョコ」などたくさんもらいますよね。

 

「美味しいチョコは嬉しいけど、ニキビが・・・」

はたまた「カロリーが・・・」

 

そう思っている方も多いみたいですね(+_+)

 

 

 

美味しいけど、食べるとニキビなどの原因になってしまう・・・その恐怖と食べたい気持ちの葛藤(+_+)

 

・・・・は、もうしなくてもいいんです!

 

 

 

1日の量を守れば、チョコレートは健康的な効果もあるのです(*'▽')

 

 

 

☆ポリフェノールが豊富

チョコレートにはリンゴやワインなどよりも多くのポリフェノールが含まれています。

ポリフェノールには抗酸化作用があり、体の老化を防ぐ効果などがあります♪

 

 

 

☆心臓病のリスクが下がる

カカオ・ポリフェノールのLDLコレステロールが動脈硬化を防ぐ効果があると言われています。更に、血管を広げる作用もあるので冷え症の方や高血圧の方にも効果的です。

 

 

 

 

☆集中力・記憶力向上

チョコレートを適切な量食べることで、集中力や記憶力が上がることが脳波の測定や学習実験などから確認されています。

とくに「アーモンドチョコレート」が効果的なんだそうです!

 

 

 

 

☆テオブロミン

カカオに含まれる「テオブロミン」にはリラックス効果やストレス軽減の効果があることが分かっています。

こちらはカフェインの一種ではありますが、神経を落ち着かせる効果があるんです(^^♪

 

 

 

チョコレートを健康に食べるために適切な量は、

 

1日20~25グラム(5かけらくらい)程度です。

板チョコ1列くらいが適切な量です(*'▽')

 

 

甘いチョコに含まれる砂糖は肥満やニキビの原因なので、必ず食べ過ぎには注意しましょう!

 

 

 

1日の適切な量を守り、少しずつチョコレートを楽しみましょう♪

バレンタインのチョコレート