子どもの腰痛・肩こり・老眼!?

 

こんにちは!

ストレッチヒーローです(^^)/

 

 

 

みなさん子どもの頃はどのように過ごしていましたか?

学校が終わったらすぐ公園に集合して日が暮れるまで遊んだり、ちょっとした空き地を秘密基地にしたり、色々な思い出があると思います(^^♪

 

「あの頃は疲れなんか感じなかったな~」なんて思う方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

 

しかし、最近の子どもは疲れを感じたり、腰痛・肩こり老眼になってしまう子が増えているそうなんです( ゚Д゚)!

 

 

なぜそのような子どもが増えているのでしょうか?

 

 

・”遊び”の禁止で筋力が低下!?

 

子どもの遊び場として代表的な場所といえば公園ですよね。

ジャングルジムやブランコ、滑り台などたくさんの遊具があったり、公園内のグラウンドでボールア遊びをする・・・などのイメージを浮かべる方が多いと思います(^^♪

 

しかし最近は「怪我の防止」「キケン防止」のため遊具が使用禁止になったり、撤去されてしまっていることが多いです(>_<)

 

 

さらに公園内での「ボール遊び禁止」「大声禁止」など、どんどん「子どもが運動する機会」が奪われてしまっている現状です!

 

 

大切な子どもがケガをしないように、大人が対策を練ることはとても大切なことだと思いますが、それによって筋力や運動能力が低下してしまうと先程も書いた腰痛や肩こりの原因になってしまったり、ケガをしやすくなってしまう可能性もあります。

 

 

・ランドセルが重い!?

 

教科書を必ず持ち帰らなければならない”置き勉”の禁止で毎日重たい荷物を持って帰らなくてはならず、腰痛になる子が多いと言われています、

 

学校で教わることが増え、教科書が前よりも重くなりつつありますが、それを支える筋力や体幹力が低下していることも事実です(>_<)

 

立った姿勢が崩れていると重たいものを背負ったときにとても負担が来やすいです。

スマホや携帯ゲーム機で遊ぶ機会が増え、姿勢が崩れてしまっている方が多いのでそういった場面で姿勢が崩れないように、普段から正しい姿勢を身につけておきたいです♪

 

 

ストレッチヒーローのキッズストレッチは、普段使えていない筋肉を使えるように柔軟性をつけたり、正しい姿勢もつくっていきます(^^♪

 

お子様の姿勢が気になる方、腰痛などに悩んでいる方はぜひお試しくださいね♪

 

 

 

子どもの健康を考えるなら、遊びをやめるよりストレッチ☆

 

 

 

子どもたち