朝がつらい 寝起きの腰痛におすすめの予防&対策ケア

 

こんにちは!ストレッチヒーローです(^^)

 

 

 

多くの方の悩みのひとつの『腰痛』。

”朝起きた時がつらい”と感じる方が多くいらっしゃいます。

 

 

 

ハードな運動をしたわけでもなく、

重いものを持ったわけでもないのに

なぜ朝に腰が痛くなるのか???

 

 

 

寝起きに腰が痛くなる理由としては、

 

・普段の姿勢からの体のゆがみ

・寝相(寝返りの回数)

・寝具

・血液循環の悪化

・内臓の疲労

 

などいくつかの原因が考えられます。

 

 

 

【寝起きの腰痛予防&対策】

 

▶早めの夕食を心がける

 

 

 

食事をしてからすぐ寝ると、

睡眠中に消化活動をすることになり、

胃や腸などの内臓にとても負担がかかります。

睡眠中も体が休まりません(;_;)

 

内臓の疲労は腰の痛みの原因につながります。

 

寝る3時間前には食事を済ませれるとgood♪

 

仕事や家事でバタバタしていてどうしても

遅くに食事をしなければならない場合は、

満腹まで食べるのは控え、少なめにするなどの

工夫すると体に良いですね(^^)

 

 


▶寝る前のストレッチで疲労を軽減

 

 

 

仕事での疲労が溜まったまま、

睡眠に入っていませんか?

 

筋肉が固まっている状態で睡眠に入ると、

更に硬くなる原因に。

   

睡眠前にストレッチをすることで、

仕事の疲れを軽減し、リラックスした状態で

眠りにつけるので睡眠の質もあがります。

 

目覚めがスッキリできます( ˘ω˘ )♪

 

 

 

こちらで『寝る前のストレッチ』紹介しています

 

 


 

▶寝返りができる環境を

 

寝返りの回数が減ると、

睡眠中ずっと同じ体勢で腰に負担がかかったままに。

 

そのため、起きた時に腰が固まって痛みを感じやすくなります。

 

寝具柔らかすぎ体が沈む、

寝間着がゴワゴワする、

寝るスペースが狭すぎることも寝返りが減る原因に。

 

しっかり寝返りができ、熟睡できる環境をつくることが大切です(^^)/

 

 

 


▶朝のストレッチで血行促進

 

 

 

睡眠中の寝返りが少なかったり、

朝方の体温の関係で、朝起きた時は血液の循環が悪くなっています。

 

朝起きて、ストレッチをすることで

血流が良くなり体が温まるため、

痛みの緩和につながります(^^)

 

 

『腰痛解消セルフストレッチ』を紹介しています。

 

ぜひ、朝起きて試してみて下さい(^^)

 

 


 

 

当店では、マンツーマンでストレッチを行い、

その方の柔軟性や、目的に合わせて必要なセルフストレッチなどもお伝えしています(^^)

 

 

『股関節のストレッチを教えてほしい!』

『前屈を更に柔らかくするためには自分にはどこの柔軟性が必要?』

など、知りたいセルフストレッチなどありましたら、

ぜひお気軽にトレーナーにご相談ください(^^♪

 

 

 【お客様のお声】

 

最初は腰が痛くて、ここに通いだしました。

色々な箇所の筋肉を伸ばしてもらっています。

痛いと感じる箇所が最初は多かったんですけど、

通っているうちに気持ち良くなっていって、その感じがとても良いです(笑)

今では腰も痛くないですし、体をもっと柔らかくしようと通っています。

筋肉関係で体に不調がある方はぜひ一度足を運んでみてください。

 

【男性:腰痛】

 

 

雨の日が続き、体がだるく重くなりやすいですが

しっかりとケアをして、

不調に負けない健康な体をつくっていきましょう(^^)♪