暑いのに冷え冷え!?夏の冷え症ありませんか?

 

 

こんにちは!

ストレッチヒーローです(^^)/

 

 

 

蒸し暑く、日差しはじりじり照り付けるこの季節ですが、「夏の冷え症」に悩まされている方が増えているようです。

 

 

みなさんは、「外は暑いのに、自分の手足は冷え冷え・・・」といった症状はないですか?

 

 

 

このような夏の冷えの原因のひとつに、「外と室内の気温差」が挙げられます。

 

 

 

・気温の差から感じるストレスが原因!?

 

 

オフィスも家もお店も、どこもこの季節はクーラーが効いていますよね。

じりじり暑い外から、冷たいお部屋に入ると「気持ち良い~~♪生き返る~~(*´з`)」という気持ちになりますが、これが原因のひとつです('Д')

 

 

 

私たち人間の体温は一定に保たれています。

体が冷たい外気に触れると、体温を一定に保つ器官が働き、血管を縮めて皮膚の表面の温度を低く保ちます。

そうすることによって、体内の熱が失われないようにしています。

 

 

逆に、寒いと体が震えますよね。

こちらは、体温が下がっていかないように筋肉を運動させているのです(^^)/

 

 

 

これだけだと通常の反応なのですが、冷えを感じている方はかなり手足が温まりにくかったり、慢性的な冷えを感じていると思います。

 

 

こういった冷え症は、自律神経の乱れなどから来ることが多いですが、先ほど書いたように外の気温と室内の気温差が激しいと体はストレスを感じます。

 

 

 

このストレスから自律神経の乱れがおき、冷え症などに繋がってしまうのです(; ・`д・´)

 

 

 

 

ですので、クーラーガンガンのお部屋に行く時は薄手のカーディガンなどを羽織るなどしてお肌にストレスを感じないようにしていきましょう♪

 

 

 

・筋肉が硬くなっている!

 

 

 

更に、筋肉が硬くなっていたり、筋肉の量が少なかったりすると冷えの原因になります。

筋肉が硬いと、その部分の血流は流れが悪くなってしまい、上で書いたように肌表面の温度は下がってしまいます。

 

 

例えば、ふくらはぎなどが硬くなっている方に伺ってみると足の冷えにお悩みの方がとても多いです。

 

 

 

血流が悪いと体にとってもデメリットがたくさんで、むくみや疲れなどの原因になってしまうことも多々あります。

 

 

 

冷えを解消する方法として、軽く体を動かしたり、ストレッチ等で筋肉を伸ばし血流を良くしてあげることが大切です(*^^*)

 

 

 

 

セルフストレッチのコーナーに冷え対策のストレッチが乗っていますので是非参考にしてみて下さいね(^^)

⇒今すぐできるセルフストレッチ

 

 

 

もっともっと冷えない体を作っていきたい方はぜひ当店のストレッチも受けてみてくださいね♪

全身の筋肉を隅々まで伸ばしていくので、ぽかぽか効果も手に入れられますよ♡