足の裏、かかとの痛みに注意!

こんにちは!

ストレッチヒーローです(^^)/

 

 

 

先日、足の裏の痛み(足底筋膜炎)で当店にストレッチに来られたお客様がいます。

 

 

 

 

あなたはこんな症状で悩まされていませんか?

 

朝起きて歩き初めに、足の裏、かかと、土ふまずなどに痛みを感じる

長時間歩くと、次第に足の裏やかかと、土ふまずに痛みを感じる

立ち仕事をしていると、次第に足の裏やかかと、土ふまずに痛くなってくる

ランニングをしたら足の裏やかかと、土ふまずが痛くなった

⑤整形外科、病院で「足底筋膜炎」と診断された

 

 

 

①~⑤に当てはまる方

現在痛みに悩まされていてテーピングやインソールを敷いている方

湿布、自分なりにストレッチをしてみても改善されず悩まされている方は、

 

 

 

『この先、一生この足の裏・かかとの痛みと付き合っていかなくてはいけないんじゃないか』

 

 

 

と不安になりますよね。

  

 

あなたのように足の裏やかかとの痛み(足底筋膜炎)で悩まされている方はたくさんいらっしゃいます。

 

 

ストレッチヒーロー松江店の人体模型

 

 

そんなツライ痛みの原因は

 

日常生活での積み重ねによって、「足の裏、かかと」「ふくらはぎ」の筋肉が硬くなってしまっている可能性があります。

 

 

 

したがって、

大事なのは、「足の裏、かかと」「ふくらはぎ、すね」を柔らかくすることです。

 

 

 

 

 

 

具体的な方法を3つ紹介しますね(^^)/

 

 

 

①お湯で膝から下を温める(足湯など)

 

カンタンな方法ですが、温めることで血流が良くなり、筋肉が柔らかくなりやすい。

温めるだけでも、痛みが和らぐことを感じられる方もいます。

熱すぎない温度(40℃前後)のお湯で、10分以上温めることがポイントです。

【一日に何回か温めてもいいですね☆】

 

 

 

②足の裏への負担を減らす

 

長時間立ちっぱなし、革靴や安全靴を履いている、

長い時間を歩いたり走ったりしているという方もいますよね。

これらの状態を続けていると、足の裏の筋肉が休まる暇がありません。

 

身体は休めることで回復しやすくなるので、

出来るだけ足の裏への負担を減らすことが大事です🍀

 

とはいえ、

 

『仕事や家事で足を良く使うので難しい!』

 

そんなあなたは少しでもいいので、出来ることから始めることが大事です。

 

 

当店のストレッチに長年通われているクライアントさんは、

【仕事中に少しでも座る時間を作ったり、職場に履いていく靴を変えてみたりして、だいぶ痛みが軽減され、今では痛みを感じなくなった】

 

とおっしゃっていました♪

 

 

③刺激を与えて、足の裏の筋肉を柔らかくする 

 

症状が強い方だと、お湯で温めたり足の裏への負担を減らすだけでは 

足の裏、かかとの痛み(足底筋膜炎)はとれない可能性があります。

 

そういった方は

弱い刺激、痛みが出ない施術やストレッチ(お店)で足の裏を柔らかくすることが理想的です(^^)

 

 

足の裏、アキレス腱のストレッチ

足裏の痛み『お店選びのコツ』 

 

足の裏だけではなく、「ふくらはぎ、すね、体全体」をみてくれるお店を選びましょう。

足の裏の痛みは『姿勢や、柔軟性の左右差、筋肉のバランス』が原因のことも多いです。

 

 

今、痛みがあるところだけではなく

その痛みの原因をしっかり探り、理解することが

『根本改善』には必要です。

 

 

 

 

 

もちろん、

症状が軽ければ1~5回程度で改善される方もいれば、

症状によっては何回も継続して通う方もいますので、個人差はあります。

 

 

 

 

 

 

ストレッチヒーロー松江店の施術風景

 

ここまでブログをしっかりと読んでいただきありがとうございます。

 

あなたのその『足裏、かかとの痛み』は

当店のストレッチが役に立つかもしれません。 

 

 

 

もしあなたが、【色々試したけど良くならなかった】のなら

当店にお越しください。

 

 

 

 

当店(STRETCH HERO)では、 

専属のトレーナーによるストレッチをマンツーマンで受けることができます。

 

 

『1人では伸ばせないところまで伸ばせる』

『マッサージや整体とは違う”伸ばす”』

 

 

そして『当店のストレッチ』は

 

スタティックストレッチ:じわーっとゆっくり時間をかけて伸ばす

バリスティックストレッチ:反動をつけて動かしながら伸ばす

ダイナミックストレッチ:動きを伴いながら伸ばす

ダイレクトストレッチ:直接筋腹を押さえる

徒手抵抗(PNF的)ストレッチ:一度抵抗を加えてから伸ばす

 

他にもコンプレッションストレッチIDストレッチなど

7種類のストレッチを組み合わせています。

 

 

目的や、筋肉の部位によって使い分けているので

より柔軟性をあげる、血行を促進するのに効果的です。

 

 

 

 

オプションメニューとして、

(コースクリックで詳細ページにとびます)

 

 

小顔べっぴん 小顔ストレッチ

(顔周りの歪み、むくみ、ほうれい線などのしわ、たるみにお悩みの方にオススメのコースです)

 

 

足べっぴん 美脚ストレッチ

(骨盤~股関節、膝、足首の調整などO脚(X脚)用の手技とエクササイズを行います)

 

 

伸びトレ 体幹ストレッチ

(伸ばしながら引き締める)

 

 

HEROストレッチに、

あなたに合ったオプションメニューを付けていただくと、

より効果を発揮しやすいので是非お試しください(^^♪