夏バテ解消ストレッチ

こんにちは!

ストレッチヒーローです(^^)/

 

 

本格的に「夏」がやってきましたね☀

 

天気が良すぎてムシムシとジリジリ。

雨が降るとジメジメしますよね。

 

 

このような天候の変化が原因で体調を崩してしまう人は意外に多いです。

 

 

 

その体調不良がバテです。

 

 

夏バテ対策として様々な解消法があると言われていますが、

『夏バテ解消ストレッチ』はご存知でしょうか?

 

 

 

 

そもそも夏バテの原因とはなんでしょう。

 

 

まず、夏バテには「従来型の夏バテ」「現代型の夏バテ」の2種類があるそうです。

 

 

「従来型の夏バテ」の原因とは、

 

大きな原因は「従来型」と言われる通り「夏の暑さ」です。

 

 

 

・食欲がなくなることで栄養がなくなる

暑さで胃が弱くなると、どんどん食欲がなくなっていきます。

食欲がなくても頑張って食べようとしますが、胃に負担がかかりすぎて十分な栄養が吸収されません。

 

 

 

・体の中の水分とミネラルが足りなくなる

暑いと汗をたくさんかきますよね。

汗は体の水分なので一緒にミネラルも出ていってしまい脱水症状が起こりやすくなります。

 

 

 

・熱帯夜による寝不足

熱帯夜とは、エアコンなしには寝られない寝苦しい夜のことです。

節電や冷え防止のために、夜眠る時はエアコンを消す人も多いのではないでしょうか。

 

また、暑さで眠れない方は結局眠りが浅くなり熟睡できず、「寝不足」になります。

睡眠で疲労回復ができないまま次の日が始まることもあります。

 

 

 

・夏の紫外線

紫外線には「活性酸素」を増やしてしまう性質があるそうです。

「活性酸素」には体をサビさせる力(酸化力)が強いため体に疲れを感じさせたり、

肌の老化の原因にもなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

「現代型の夏バテ」の原因とは、

 

大きな原因は「部屋の中と外の気温の差が大きいこと」です。

 

 

・エアコンによる冷えすぎ

エアコンが効いた部屋に長い時間いることが、体にとってはストレスとなり自律神経が崩れやすくなります。

 

 

 

・内臓の冷え

暑さで胃の働きが弱くなり食欲も落ちてくると、のど越しの良い物を口にするようになります。

結果、冷たいモノばかり口にしてしまい、体の中から冷やしてしまします。

 

 

 

・自律神経のアンバランス

自律神経が崩れやすくなると、自律神経がアンバランスになり体のコントロールを失います。

そうなると、体がだるいと感じる『倦怠感』や胃がもたれたり、胃が痛い、

『胃腸の変調』が現れ、食欲もなくなってきます。

 

 

 

 

 

 

そこで夏バテ解消の1つに【ストレッチ】よく挙げられるのは有名です。

 

 

 


 

 

 

 

【夏バテ解消ストレッチ】とは、

 

・内臓が弱ると内臓を守るために背中が丸くなり、姿勢が悪くなって背中が凝った状態になる。

(背中や手足などをしっかり伸ばすことで外から内臓を動かす)

 

 

・足の溜まった老廃物が原因で足がむくんだり、凝ったりする。

(腕や足を圧迫、伸ばすことで解消につながる)

 

 

・エアコンの効いた部屋と高温の外を行ったり来たりすることで、自律神経がアンバランスになる。

(ストレッチをすることで自律神経を整える)

 

 

 

 

 

ストレッチで体を動かすことにより、夏バテの緩和、解消が期待できます。

 

 

当店のストレッチは、あなたの体の状態、筋肉の状態に合わせて担当のトレーナーがマンツーマンでストレッチしていきますので安心してストレッチを受けることができます🍀

 

 

3つのオプションメニュー

 

【顔べっぴん 小顔ストレッチ】

 

【足べっぴん 美脚ストレッチ】

 

【伸びトレ 体幹ストレッチ】

 

 

あなたの体に合わせてストレッチと一緒にオプションメニューをお試しください♪