40代に入ってつりやすくなった筋肉はストレッチで解消!?

 

こんにちは!

ストレッチヒーローです(^^♪

 

 

みなさんの体、「つりやすく」なっていませんか?

 

 

寝ている間運動中に足がぴきっとつったり、自分でストレッチをしようと伸ばしたところがぴーんとつったり。

 

つりやすくなったその体、ストレッチで変えませんか?

 

 

筋肉がつる、というこの症状は、筋肉が縮んだ状態で緊張・硬直してしまい痛みを伴ってしまいます(>_<)

 

できることなら、

・寝ている間も足がつらず安眠したい

・足のことを気にせずスポーツを全力で楽しみたい

 

ですよね(^^)/

 

 

スポーツ選手のように筋肉の使い過ぎや疲労の蓄積で筋肉が硬直することもありますが、水分不足筋肉に酸素が行き渡っていない場合も筋肉がつりやすくなってしまいます。

 

 

更に、更年期に入ると筋肉がつりやすくなってしまうと言われているんです( ゚Д゚)

 

 

40代に入り、ストレッチや運動を怠っているとどんどん筋肉は硬くなっていきます。

硬くなった筋肉は血流が悪くなるため、疲労物質などをためやすいです。

 

筋肉に酸素を運ぶ役割は血液が担っています。

そのため血流が悪いと筋肉に酸素が行き渡らなくなってしまい、筋肉がつってしまいます。

 

寝ている間に筋肉がつるのは、筋肉の酸素不足がほとんどです((+_+))

 

 

ですので、夜・運動中に筋肉がつらないようにするためには事前に「つらない体」をつくる必要があります。

 

 

つらない体をつくるためには、筋肉の柔軟性・正しく使える筋肉・水分 が必要です!

ストレッチヒーローでは全身のストレッチ+筋肉をうまく使えるようにトレーニングもしていくことが可能です(^^♪

 

 

「夜足がつって安眠出来ない」

「スポーツ中筋肉がつって全力が出せない」

 

この悩み、ストレッチで解消しましょう(^^)/