肩が上がる原因は何でしょうか

こんにちは!

ストレッチヒーローです(^^)/

肩が上がる原因は何でしょうか?

キレイな姿勢をつくろうとしても、

どちらかの肩が上がってしまうとバランスが悪く見えますよね。

慢性的な肩こり、首こりに悩まされている人は増加傾向にあると言われています。

スマホ、PCの普及、デスクワークの仕事が増えているので現代じゃムリもないですよね。

(首や肩甲骨まわりの筋肉が硬くて困っている方は多いはずです)

肩が上がっている状態、姿勢でいると肩甲骨の位置がずれてしまいます。

本来あるべき場所からやや上にずれていってしまいます。

同時に腕が内側に入るような姿勢になり、猫背のような姿勢になります。

このような姿勢(肩が上がった状態)でいると、血流が悪くなり肩や首のコリ、

痛みへとつがっていってしまします。

肩が上がってしまう原因は、長時間良くない姿勢をしていることがほとんどですが、

姿勢が悪くなる代表的なものがパソコン、スマホです。

パソコンやスマホを操作しているとき、指先ばかりを動かしますよね。

一方、体の中心部分である背骨周り(肩甲骨、肩、首など)は全然動きません。

この間、背骨周りの筋肉は固まっています。

背中側に力が入っているので、肩が上がりやすくなってしまいます。

肩こりだけでなく頭痛などの原因にもなるので、できるだけこまめな休憩をはさみたいですね。

他には、緊張した際に肩が上がることもありますよね。

スポーツでは、ゴルフする方はスウィング時や、パターのときであったり、

バレーボール、陸上競技などいろいろあると思います。

ストレス・緊張などで精神的なものでこわいのは、

肩が上がって固まることでリラックスできず負のループが続くことです。

(肩まわりのセルフストレッチ)

(運動前のストレッチ体操)

 ⇧

肩まわりのセルフストレッチ、運動前のストレッチ体操の動画を参考までにどうぞ(^^)

結果的に、肩が上がる方は肩甲骨が上がっています。

肩甲骨を下げることで改善(肩が上がること)につながっていき、

同時に肩こり首こり、頭痛などの緩和や改善にも効果的になるといえます。

肩甲骨が上がっている方に多いのが、背中の筋肉(広背筋)が固まっていたり、凝っている方。

したがって、

背中の筋肉(広背筋)の柔軟性を上げる必要があります。

肩が上がってお困りの方は是非一度当店のストレッチをお試しください。

当店のストレッチはお客様の体の状態、筋肉の状態に合わせてストレッチを

していきますので安心して受けにいらして下さい。

米子店・松江店、共に予約で込み合っていますので、

早めのご連絡で希望の日時でお取り可能です。

・米子店

☎0859-21-1015

・松江店

☎0852-26-4364

ブログアーカイブ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

▼HP限定割引情報

▼店舗予約・お問合せ

下記のバナーをクリックして、店舗ページよりお問合せ・ご予約ください。お待ちしています。

▼STAYHOMEでストレッチ

コロナ自粛疲れを解消するストレッチを動画やページ特集で発信しています。

メディア出演経歴/依頼

最近の記事

  1. stretch
PAGE TOP