産後ストレッチ【骨盤ダイエット】

【骨盤ダイエット】

 

こんにちは

ストレッチヒーローです!

 

産後の体型を元に戻したいと感じている方は多いと思います。

 

 

「産後の体型を変えていくにはどうしたらいいの?」

 

 

 

 

 

産後は特に骨盤まわりの筋肉が伸びきっている状態で

その結果、

骨盤やお腹のたるみなどで悩んでいる方は多い。

 

産後の一ヶ月はからだに負担があり、

『これからの育児の為、あなた自身の為』にも

しっかりからだを休めてください🍀

 

 

 

開いた骨盤は、産後3~4ヶ月かけて少しずつ縮みながら

ゆっくりと元に戻っていきますが、しっかりケアをしないで放っておくと骨盤は、

開いて歪んだ状態のまま固定されてしまうことも少なくありません。

 


 

『赤ちゃんを守るためについた脂肪は柔らかく、燃焼しやすい』

 

しかし、

***********************************************

産後から時間が経ちホルモンバランスも安定してくると、

柔らかい脂肪はだんだん他の脂肪と変わらない硬い脂肪

変わってしまします。

***********************************************

 

◇産後ダイエット

◇産後前の体に戻したい

◇産後前より体を引き締めたい

◇自分磨きをしたい!

 

このような考えの、産後のあなたは

体力の回復次第ですが、早め(ストレッチ)がおすすめです🍀

 

「産後いつからストレッチしたらいいの?」

 

個人差はありますが、

産後2か月~ストレッチや運動を開始していくと変化しやすいといわれています。

検診をしっかり受けて、診断されてからカラダを動かしていきましょう。

 

 

 

 

産後ストレッチで「骨盤ダイエット」

 

まず、

産後に限らずダイエット体重を減らすではありません。

 

食事制限で、摂取カロリーより消費カロリー量を多くして体内の余分な脂肪分などが

消費エネルギーとして使われるため体重減少も可能。

 

摂取カロリーを抑えることで、代謝や健康な身体維持に必要となる

・ビタミン

・タンパク質

・ミネラル

などの摂取量も足りなくなってしまい、健康に害を及ぼす可能性が高い。

 

 

産後は体が変わっていきやすい時期ですが、

決して間違った方法で痩せようとは考えてはいけません。

 

出産という身体に過重な負担を強いられた産後のダイエットには、

健康的であることが大前提で十分留意して取り組む必要があるのです。

 

単純な考えでダイエットしてしまうと、

・摂食障害

・自律神経失調症

などの『心の病』の可能性が高まるだけではなく、

新陳代謝の低下による体調不良の原因になったり、生理不順や身体機能の低下

を招くなどの障害が出てくる心配もあります。

 

 

こういった点に注意して、【産後ダイエット】に取り組む必要があります。

産後ダイエットの正しいやり方とは直接的に体重減少を目指すよりも、

出産で緩んでしまった骨盤を正しい位置に戻す。

 

骨盤を正しい位置に戻すことで、

身体の歪みを整えて間接的にすっきりした身体にして

効果的なシェイプアップを目指す。

 

【骨盤ダイエット】と呼ばれる方法で、

ウエストヒップのサイズダウンができるだけではなく、

リンパの流れ血流促進にもつながります。

 

結果として、

むくみの解消や肩こり、冷え症の改善などにも繋がる効果を発揮します。

 

女性の場合は生理による骨盤の開閉がわずかながらも周期的に行われているために、

男性に比べると骨盤は開きやすくなっています。

また体幹部と骨盤を繋いでいる大腰筋が男性ほど発達していないために、

骨盤を閉じる働きが弱いといえますね。

 

女性が出産するときに分泌されるリラキシンというホルモンが、

骨盤の靭帯を緩める働きをするため、出産後も骨盤の靭帯が緩んだまま開いた骨盤になり、歪んだ状態の骨盤になっていることが多い。

 

無理な食事制限ではなく、ストレッチカラダの中(血流など)、カラダの外(姿勢、骨盤の歪み)から美しく健康的にダイエット目指す方最近注目を集めています。

 

 

ストレッチB&Fストレッチヒーロー鳥取店
座り姿勢
ストレッチB&Fストレッチヒーロー鳥取
立ち姿勢

美レディストレッチヒーロー施術風景