疲れのとれない睡眠の原因は冷えと姿勢!?

 

こんにちは!

ストレッチヒーローです(^^♪

 

 

 今日は朝、少し雪が降りましたね。

 

 

皆さんはこの時期寒さで起きたり、手足が冷えてなかなか寝付けなかったりしませんか?

 

 

冷えが体に与えるストレスは大きく、そしてこのストレスが溜ってくると自律神経のバランスを崩しやすくなってしまいます。

 

 

自律神経のバランスが崩れてしまうと、体の血流が悪くなり、

 

・手足が冷える

・寝て起きても疲れがとれない

・朝起きた時に腰が痛い 

 

といった不調が起こりやすくなります。

 

 

特に、首や肩、胸などの筋肉が硬くなり姿勢が崩れてしまっている方はこの神経のバランスが崩れやすくなるので注意が必要です( ゚Д゚)

 

 

寒い時期でも疲れのとれる良い睡眠ができるように自律神経のバランスを保てる体をつくりましょう(^^)/

 

 

・頭が前に出てしまっている

 

・顎が上がっている

 

・肩が内側に巻いている

 

・肩がどちらかに傾いている

 

・座った姿勢でお尻の後ろに体重がかかっている

 

こういった姿勢だとさらに自律神経のバランスが崩れやすいです。

普段の姿勢から改善することで、睡眠の質が良くなります♪

 

 

寝つきの悪さ・眠気は根本から改善していきましょう!

 

 

姿勢が正しくなり、首まわりの筋肉が柔らかくなるだけでも自律神経のバランスは保ちやすくなります。

 

 

 

 

ストレッチヒーローのストレッチは姿勢指導なども行い、キレイな姿勢を保てる体を一緒につくっていきます。

自分の姿勢が気になった方、睡眠を改善したい方は是非一度ストレッチを受けてみて下さいね(^^♪