運動不足、そろそろヤバイかも?【50代から始めるストレッチ】

 

こんにちは!

ストレッチヒーローです(^^)/

 

 

「50代に入って体力がガクンと落ちたような気がする」

 

「定年前、いざ仕事をしなくなり、体が動かなくなったら嫌だ」

 

「前より体が動かしにくくなったが、体に合う運動は続けていたい」

 

 

加齢によって、運動不足になった筋肉はだんだん硬くなり、筋肉量も減ってしまいます。

硬くなった筋肉は動かしにくいのはもちろん、ちょっとした動作でもすごく体力を使ってしまったり、ケガの原因になってしまうこともあります。

 

 

50代に入ったら、体力の衰えや体の痛み、ケガが起きないため

また今出始めた体の痛みを悪化させない・改善していくために、少しづつ体を動かしていく習慣をつけることが大切なんです。

 

 

 

【体重増加が止まらない!?代謝も落ちる50代】

 

 

40代~50代に突入すると基礎代謝もガクンと落ちてしまいます。

皆さんなんとなくご存知かと思われますが、代謝が落ちてしまうと脂肪がつきやすく脂肪がつきにくい【太りやすい体】になってしまいます( ゚Д゚)

 

ダイエットをしようとしても、なかなか体重が落ちにくかったり落ちたとしてもすぐリバウンド(+o+)

さらに、50代からは下半身の筋肉が衰えやすくなってしまいます。

その代わりにウエスト周りからお肉が付きやすくなってしまいます。

 

 

お腹の脂肪は女性にとっても男性にとっても敵ですよね。

 

 

 

・これ以上体力が落ちてほしくない!

・体の痛みが来ない体にしたい!

・太りたくない!

・周りより動ける50代になりたい!

 

 

こう思った皆さんに始めてほしいのが「ストレッチ」

 

ストレッチと聞くといろんな疑問が上がる方も多いですよね。

 

 

「どこをどう伸ばせばいいの?」「どのくらいの時間伸ばせばいいの?」「いつストレッチをすればいいの?」

 

などなど。

 

 

【どこをどう伸ばすのか?】

全身の筋肉にはそれぞれストレッチの仕方が(伸ばす方向や強度)ありここですべてをお伝えするのは難しいですが、体の動きには可動域というものがあり

「ここまで行けば柔らかい、また行かなければ硬い」というのが決められています。

 

例えば肩関節、腕を前からまっすぐ上げる動きだと、180度が正常な可動域!

自分の耳~耳の後ろくらいまで腕が上がれば柔らかいです。

 

 

しかし耳手前くらいまでしか上がらなかったり、痛くて上げられない!という場合は肩回りの筋肉が硬くなっているためストレッチが必要です。

 

 

 

【どのくらいの時間伸ばせばいいの?】

ストレッチをする秒数はじわーっと体を伸ばす静的ストレッチの場合だと1か所20~30秒が適していると言われています。

伸ばす秒数が短すぎると筋肉があまり伸びず、また長すぎても効果が変わらないので、20~30秒でいろいろな筋肉を各箇所伸ばせるとGOODです(^^)/

 

 

 

 

【いつストレッチをすればいいの?】

よく「お風呂に入った後のストレッチが良い」と言われていますが、

基本的には いつでもいい です(^^)/

 

「え~~そんな適当でいいの!?」と思った方もいらっしゃいますよね。

もちろんストレッチで大切なのは「習慣」です。

習慣づけるためには自分のストレスにならない、やりやすい時間にやっていただくのがベストです♪

 

お風呂の後や運動後は筋肉が暖まっているので、ストレッチをするのにオススメですので参考にしていただくのもいいと思います(^^♪

 

 

 

当店のストレッチは「どこをどう伸ばすのか?」「何秒伸ばすのか?」一人では難しかったストレッチも的確にあなたの体に合わせて専属のトレーナーがしっかりと伸ばしていきます。

 

 

 

自分の体に合ったストレッチで運動不足だった体もスッキリ変わってくるかもしれません♪

 

 

運動不足が怖い50代のみなさん。ぜひストレッチを体験してみてくださいね(^_-)-☆

 

 

 

ストレッチが初めての方はこちらから▶「ストレッチが初めての方へ」