食べものを噛む時に痛みが生じる原因とは?

 

食べ物を噛む時に痛みが生じる…

その原因は顎関節症の可能性があります。

 

 

顎関節症代表的な症状として

・食べ物を噛む時に痛みや異常を感じる。

・食事をしていると顎がだるい、口を動かすと顎関節に痛みがある。

・口を開け閉めするときに、顎関節でカックン、コッキンというような音がする。

・口が開けにくくなったり、口の開閉をスムーズに行えない。

・口が左右にうまく動かない、顎が外れることがある。

 

 

 

なぜ、顎関節症になるのか?

・急激なストレス(精神的な緊張は、筋肉を緊張させます)

・歯を強く食いしばる

・唇や頬の内側を噛む癖がある

・頬杖、うつ伏せ寝、不良姿勢(猫背など)

・大口を開けたり、硬いものを噛んだ

・左右どちらか一方ばかりで噛む癖がある

などがあげられます。

 

 

 

顎関節症が原因の副作用がある!?

・頭痛、首や肩、背中の痛み、腰痛などの症状

・めまい、耳鳴り、耳が詰まったような感覚

・目の疲れ

・鼻の症状

・歯の痛み、舌の痛みなど

全てが顎関節症によるものとは限りませんが、

顎関節症をほっておくと体にとっても良くないですね。

 

 

 

顎関節症の疑いがある場合、無理に大きく口を開けたり、

硬いものを食べないようにしましょう。

無理をすることで悪化する場合があります!

 

 

 

そこで!オススメとなるのが、

当店の小顔ストレッチです!

小顔ストレッチの効果として、顔周りにある30種類以上ある

筋肉のストレッチを行うことで、血行やリンパの流れを促します。

また自律神経の調整も行いますので、精神的な緊張もほぐれます!

健康面でも、

「ひどい肩こり、めまい、頭痛、顎関節症、顔面麻痺」にも効果があります!

顎関節症でお困りの方、顔の歪みや、むくみなどでお困りの方は

是非、ストレッチヒーローにお越しください!