ストレッチの効果

ストレッチをする前に、ストレッチをするうえで得られる、効果をお伝えします。

 

 

効果①

集中力の維持

集中力が低くなる主な原因とは…

それは筋肉の萎縮です。

勉強やデスクワーク中は手先以外の筋肉を動かさないため、筋肉周辺の血行はどんどんわるくなっていきます。ストレッチはそんな悪くなった血行を良くし、集中力の維持に貢献します。

 

 

効果②

可動域の拡大

可動域とは体の動かせる範囲のことを指します。

毎日ストレッチを行うことで少しずつですが、関節や筋肉の可動域が広がり、怪我しにくい体をGETできます。

 

効果③

インナーマッスルの強化

ストレッチのようにゆったりしたトレーニング種目は、内側にある筋肉(インナーマッスル)を鍛えられます。インナーマッスルは【ストレッチの効果②可動域の拡大】にもつながる重要な筋肉なため、鍛えておいて損なしです。

 

簡単なようで正しいやり方を学ぶことのないストレッチだからこそ、質の高さを重視しましょう。