子供の運動能力、姿勢、柔軟性を変えたい保護者にオススメ! 知っておかないと後悔しますよ。

 

 

 

こんにちは。ストレッチヒーローです。

 

 

今の子供たちに大人(親)はどんな遊びをさせていますか?

ゲームをしている子供もいれば、外で鬼ごっこをして遊んでいる子供もいます。

外で遊ぶのは危ないからとお家の中で遊んでいないですか?

 

運動能力を上げるなら子供は外で遊ぶべきです!

 

 

 

 

 

 

ゴールデンエイジとは?

 

 

 

子供の運動神経が著しく発達する時期を、ゴールデンエイジと言います。

5~12歳(年長~小学6年生)の期間。体の動かし方、運動能力、動作、技術を短時間で覚えられる一生に一度の貴重な年代がゴールデンエイジです。

 

 

 

ゴールデンエイジの時期に覚えたこと(感覚)は大人になっても忘れることはないです。

例えると、子供の頃に練習して乗れた自転車は大人になり、数年ぶりに自転車に乗っても体が覚えているので自然と乗ることが出来ますよね。

 

 

この時期の過ごし方で子供の運動能力、運動神経は大きく変わります。

 

 

 

 

どのように過ごせばいいかというと、

この時期にいろいろのスポーツを経験し、たくさん体を動かすことが大切になります。

 

 

かと言って「〇〇しろ!」「○○スポーツを習え!」など強制的にやらすのではなく、

子供がしたいことを応援してあげて、少しでも興味があるスポーツは迷わずに体験させてあげましょう。

 

 

外で遊ぶことが少なくなった今の子供たちには親の積極的な関わりがこれからの運動能力に大きく関係してきます。

 

 

 

トップ選手を目指す子供はゴールデンエイジの時期を逃してはいけない。

 

 

 

ゴールデンエイジの時期に特定のスポーツをしていなければそのスポーツのトップレベルになるのは難しいと言われています。

 

 

 

ゴールデンエイジの間に、楽しくて仕方ないスポーツや夢中になれることを見つけておくことで、これから先で自分がどう練習していけばトップの選手に近づけるのかが見えてくると思います。

 

 

 

 

プロサッカー選手の香川選手は子供の頃、練習がない日は家の前の公園で夕方になるまで友達と,

ミニゲーム(サッカー)で身体を動かしていたそうです。

 

 

 

 

子供の姿勢が悪い。改善するならゴールデンエイジの時期。

 

 

 

ゴールデンエイジの時期はたくさんのことを吸収できます。つまり、姿勢を直すチャンスです。

 

 

中学生、高校生と年齢が上がるにつれて体は段々と硬くなっていき、姿勢、柔軟性を改善するのが遅ければ遅い程、直していくのに少し時間がかかってしまいます。

 

 

 

ゴールデンエイジの時期に姿勢を直しておくことで高校生、大人になった時に姿勢の悪さで、

「腰痛」「肩こり」といった症状になりにくい体を手に入れることが出来ます。

 

 

 

 

 

子供の姿勢を直すならゴールデンエイジの時期が良いわけとは?

 

 

 

ゴールデンエイジの時期はたくさんのことを吸収できます。つまり、姿勢を直すチャンスです。

 

 

中学生、高校生と年齢が上がるにつれて体は段々と硬くなっていき、

姿勢、柔軟性を改善するのが遅ければ遅い程、直していくのに少し時間がかかってしまいます。

 

 

 

ゴールデンエイジの時期に姿勢を直しておくことで高校生、大人になった時に姿勢の悪さで、

「腰痛」「肩こり」といった症状になりにくい体を手に入れることが出来ます。

 

 

 

 

5~12歳の頃に自分の体の硬さ、姿勢の悪さを気にする子供は少ないと思います。

 

 

お子さんの将来の運動能力、姿勢、柔軟性を変えてあげるのは親の積極的な関わり、

応援しだいです。

 

 

姿勢の改善運動能力向上柔軟性up、詳しく知りたい方は→キッズストレッチ

    

部活動でストレッチを教えてもらい、柔軟性の向上ケガの予防競技力向上

をしたい運動部のコーチの方→派遣ストレッチ