ストレッチで翌日、筋肉痛になったあなた。         〇〇呼吸が原因かもしれません。

 

 

こんにちは。ストレッチヒーローです。

 

 

ストレッチをした次の日に筋肉痛がきたあなた!

 

 

「呼吸」は意識していましたか?

 

 

ストレッチヒーローでは姿勢はもちろん、呼吸も意識しながらストレッチをしていきます。

 

 

 

 

 

 

ストレッチで筋肉痛になったあなたは。

 

・筋肉を伸ばされている時に痛いからといって力みすぎてはいないですか?

・ストレッチの最中に息を止めていないですか?

 

 

 

ストレッチは、筋肉を伸ばしていくことでコリをほぐします。

 

 

なので、 ストレッチをしている時に呼吸を止めていたり、力みすぎているとせっかく伸びている筋肉に力が入りそれ以上伸びなくなってしまいます。

 

 

力が入り硬くなった筋肉を無理矢理伸ばそうとするとケガにつながってしまうこともあるので、

トレーナーは常に呼吸の意識をさせます。

 

 

 

 

 

筋肉痛は普段慣れない動きをした時やあまり使わなかった筋肉を使い過ぎた時に起きます。

 

 

ですが、筋肉痛は悪い症状ではありません。

 

 

筋肉痛が治ったときは前回の筋肉よりも太く強くなっています、

筋肉はあなたの体を支えてくれる大切な役目もあり筋肉が大きくなればその分、

基礎代謝が上がり痩せやすい身体作りができます。

 

 

 

 

口呼吸になっていませんか?

 

 

ストレッチ中の呼吸ですが口呼吸になっている方が多くいらっしゃいます。

 

 

ストレッチヒーローでは「腹式呼吸」を意識してストレッチをしていきます。

 

 

腹式呼吸のやり方は簡単なので今から実践してみましょう。

 

 

1.背筋を伸ばして鼻からゆっくりと息を吸いながら、お腹を膨らませます。

 

 

2.吸いきったら、ゆっくりと口から息を吐きながら、お腹をへこませます。

 

 

ポイント!息を吸う時よりも吐くときをゆっくりと意識することです。