え…ふくらはぎだけが太い

こんにちは

ストレッチヒーローです😳

 

 

今回はふくらはぎについてお伝えします。

ふくらはぎの太さや形などを気にする方は多くいます。

様々な努力をしても細くならない…と思っている方。

反対にもともと努力してなくてもふくらはぎが細い方もいます。

違いは一体どこにあるのでしょうか?

答えは日常生活の何気ない行動にありました!

 

どんなにトレーニングを頑張っても普段の生活でふくらはぎを太くするような行動を繰り返していたら、ふくらはぎは必然的に太くなってしまいます。なぜなら、トレーニングをしている時間よりも日常生活を送っている時間の方が圧倒的に長いからです。

 

 

ふくらはぎの状態を2つに分類し、特徴とトレーニングを紹介します。

【特徴】

1 歩幅が小さい

大きな歩幅を生み出すのは主にお尻の筋肉です。

しかし股関節が硬いとなどの理由でお尻の筋肉が使えてないと十分な歩幅を確保できません。狭くなった歩幅を広げるため体はふくらはぎの筋肉を活用して歩幅を広げようとしています。

その結果ふくらはぎの筋肉は使われ過ぎてしまいガチガチに硬くなります。

 

2 外体重による歪み

足裏の体重が外側にかかると、ふくらはぎの外側についている筋肉が使われやすくなります。

すると、ふくらはぎは外側に張り出しいいびつな形をとっています。

これがふくらはぎの歪みを作っている原因です。

 

では、ふくらはぎの引き締めトレーニングを紹介します

 【トレーニング】

足裏全体で床を押し返すように2秒かけお尻を天井に持ち上げます

お尻に力が入る感覚があればいいです

10秒を3セット行いましょう

 

 

トレーニングを無理のないようにしましょう☺