寝起きで腰が痛い・・・。そんなあなたへ。

 

寝起きで腰が痛い・・・原因とは?

 

 寝て起きたら腰が痛い・・・と言うことはありませんか?

 その日は、朝からやる気がでない、1日が長く感じたり、

 人それぞれマイナスな1日が始まる予感がすると思います。

 

 

寝起きに腰が痛い原因とは…?

 

 ・反り腰

 ・仰向けで寝ている

 ・寝返りが少ない

 ・睡眠時の冷え

 ・ストレス

 

 などの原因が考えられます。


 

 ここでは、「寝返りが少ない」「睡眠時の冷え」について詳しく

 原因、解消法を教えていきたいと思います。

 


 

 

 寝返りが少ないとなぜ腰が痛くなるのか?

 

 →寝ている間、長時間、1箇所に体重がかかり続けている状態になる。

  また、腰の筋肉が固くなり、腰の筋肉が凝った状態になる。

 

 寝返りをすればいいと思っていても、寝てるときに意識することは、できません。

 それなら、どうしたら良いのか…。

 人はどんな時に寝返りをするのか知る必要があります。

 

 

 睡眠には、レム睡眠ノンレム睡眠があることを、ご存知な方もおられると思います。

 レム睡眠は、脳の一部は起きているが、身体を休めている浅い眠りの状態です。

 ノンレム睡眠は、脳が休んでいる深い眠りの状態です。

 

 このレム睡眠とノンレム睡眠は、約90分周期で繰り返されます。

 睡眠の約75%がノンレム睡眠、25%がレム睡眠です。

 この状態が5~6回繰り返されます。

 

 

 さて、寝返りをうつのは、どちらの睡眠の時でしょう?

 

 答えは…「ノンレム睡眠のときです。

 つまり、眠りの深い時に寝返りをしている。ということです。

 

 

寝返りがうてない原因とは?

 

 人間には、意志に関係なく機能する器官の働きを調節する神経「自律神経

 があり、交感神経副交感神経に分けられます。

 

 昼間活発に仕事や運動、緊張などするときは、交感神経

 ゆっくりリラックスしたり、身体を休める時は、副交感神経

 

 レム睡眠とノンレム睡眠が正しい周期で交互に訪れる状態になるには、

 副交感神経が、活発なままだと深い眠りに入れない状態になっているのです。

 

 つまり、寝返りが少なく寝起き腰痛になりやすいあなたは、

 以下のような悪循環になっている可能性があります。

 

 交感神経が活発なまま就寝

 

      ⇓

 

 深い眠りに入れない

 

      ⇓

 

 寝返りを打たない

 

      ⇓

 

 身体への負担が大きいうえに、筋肉が凝った状態

 

      ⇓

 

 寝起き腰痛になりやすい

 

 このようなことが連鎖して腰痛を引き起こすのです。

 睡眠と寝返りの関係が分かっていただけたでしょうか。

 


 

 冷えでなぜ腰が痛くなるのか?

 

 

 午前4時~6時は、最も体温が下がりやすい時間帯です。

 私たちの身体は体温が下がると、熱を逃がさないように血流を減少させ、

 体内の熱が外に逃げないようにする働きがあります。

 

 その結果、疲労物質が流れにくくなり

 筋肉が硬くなることで、痛みがでやすくなります。

 

 朝起きた時に、わきの下と、お腹を触ってみて、冷たかったり、

 夏でも腰を触ると冷たかったりすると、

 睡眠時の冷えが原因で腰痛がおこっているかもしれません。

 


 

 寝起きで腰がいたくならないためには…

 寝方にきをつけること!

 

 あなたは、こんな寝方していませんか?

 ・仰向け

 ・うつ伏せ

 ・横向きで長時間

 

 それが原因で腰痛がおこっているかもしれません。

 

 

 

 寝起きの腰痛を解消しましょう!

 

 

 寝方を変えるだけで、寝起きに腰が痛いのが解消されます。

 どんな寝方をしたら良いのか。

 それを紹介していきたいと思います。

 

 

 

 1.仰向けで膝を立てて寝る

  仰向けで足を伸ばした姿勢で寝ていると、

 足を伸ばすことで骨盤が引っ張られてしまいます。

 すると、引っ張られた力が、腰に伝わり痛みを引き起こしてしまいます。

  仰向けで膝の下に硬い枕などを置いた姿勢の寝方であれば、

 背骨が曲がらず正しい位置のままの姿勢となります。

 

 

 

 

 

 2.横向きで少し丸まる寝方

  骨盤を引っ張ることなく、楽に寝ることのできる姿勢です。

  横向きに少し丸まるだけでも楽なのですが、

 膝の間に硬い枕などを挟むと更に効果的です。

 

 

 

 3.うつ伏せ寝を回避する

  うつ伏せで寝ると腰が沈み、お尻がでるので反り腰になるため、痛みがでやすくなります。

  うつ伏せ寝は、腰だけでなく、首にも負担をかけてしまっています。

 また、身体の色々な部分を歪ませてしまう可能性があるのです。

  日常的に、下を向いて寝てしま人は、胸の下にテニスボールを置いて

 いつものようにうつ伏せで寝てみましょう。

 そうすると、あまりにも不快で苦しくなり、自然と仰向けになります。

 

 


 

 いかがでしょうか?

 あなたは、腰が痛くなる寝方をしていませんか?

 

 これからは、腰が痛くなく良い目覚めをしましょう!