体が柔らかくなる食べ物・硬くなる食べ物

こんにちは

ストレッチヒーローです(^^♪

 

 

 

「ストレッチしているけど体が柔らかくならない(´・д・`)」

「体を柔らかくしたい」

と思っている人はいませんか?

 

 

あなたの体を硬くする原因は沢山あります。

姿勢・運動不足・年齢・ストレッチ不足

「食事」にも体を硬くする要因が含まれていることは知っていましたか?

 

 

体を硬くする食べ物

 

 

体を硬くする食べ物は、「体を酸化させ、血をドロドロにする食べ物」です。

 

 

主な体を硬くする食べ物は

 

・酸化した油

 

・砂糖

 

・動物性油脂

 

・添加物

 

などが多く使われている食べ物です(◎_◎;)

お菓子やインスタント食品などにも上記のものが沢山含まれている食べ物です。

 

 

「たまに食べたいな~」  「少しだけ食べたいな~」と思って食べるのであればそれほど問題はありません。

 

 

反対に食べ過ぎると肥満や生活習慣病のリスクも高まりますよ😱

 

 

 

 

 

 


体を柔らかくする食べ物

 

すっぱいものを取ることをおススメします。

果物や梅干しに含まれているすっぱい味の成分を「クエン酸」といいます。

 

 

 

 

クエン酸には筋肉が疲労した時に発生する乳酸を抑制する効果があり筋肉の疲労物質の乳酸を炭酸ガスに分解して尿として体外へ排出させる働きがあります

なので筋肉痛にもなりにくいと言われています。

疲労物質を抑制し抗酸化作用で血液をサラサラにしたり、新陳代謝をあげる効果があります。

 

 

 

 

 

すっぱいものだけでなく他にも抗酸化作用のある食べ物は沢山あります。

例えば、野菜、豆類、青魚です。

 

体のコリや冷えからくるだるさを感じるときなどは、体を温める作用がある食べ物を摂取するといいですよ。血行が良くなったり、凝り固まった筋肉をほぐすからです。

体を温める食べ物として、しょうが、にんにく、唐辛子などがあげられますが大根やカブもオススメです。

 

 

毎日ストレッチを行い、食事にも気を使って柔軟性を高めてより健康な体を目指しましょう😊