足がつらないようにするために

こんにちは!

ストレッチヒーロー松江店です(^^)/

 

いきなりですが、ふとした瞬間やスポーツをしてて足がつったことある人はいませんか?

 

≪足がつるってどんなこと?≫

足の指・ふくらはぎ・足の筋肉が痙攣して、

収縮したまま戻りにくくなることを「足がつる」といいます。

運動中・運動後・睡眠時に発生しやすいです。

 

 

≪足がつりやすくなるときはどんな時?≫

 

・激しい運動でミネラルを失った時

激しい運動をすると、筋肉を動かすのに必要なミネラルを急速に消費します。

発汗によってミネラルを失います。

すると、カラダの中のミネラルバランスが崩れ、

筋肉の収縮に異常が起こり、足がつりやすくなると考えられます。

 

 

・筋肉量が低下した時

加齢や運動不足によって筋肉量が低下すると、

血行が悪くなりミネラルを体の隅々まで届けるのが難しくなってしまいます。

通勤や家事などでの動作でも筋肉の疲労が蓄積し足がつりやすい状態になるんです。

 

 

・食事のバランスが乱れている時

カルシウム、マグネシウム、カリウム、ナトリウムなどのミネラル不足も足がつる原因です。

例えば、ペペロンチーノのような具材がほとんど入っていないパスタ、

カップラーメンだけで食事を済ませたり、

お菓子を食事の代わりにしたりする人はミネラル不足に陥りやすいです。

また、ダイエットのため同じものばかり食べ続けるのも、

摂取ミネラルがのバランスが崩れる原因です。

 

 

・体が冷えてる時

冷房の冷えによる冷えや冬の気温低下で冷え性になると、

足の血管が収縮して血行が悪くなります。

また、冷え性によって、足の筋肉が緊張すると、つりやすい状態になりがちです。

 

 

 

≪足がつらないようにする対策≫

・適度な運動を習慣づける

ストレッチやウォーキングなどで適度に体を動かし、血液の循環を良くする

 

・水分、ミネラルを補給する

スポーツドリンクを利用して運動前後や運動の途中でも水分、ミネラルの補給を忘れないようにしましょう。

就寝時に水分を摂ると、睡眠中の脱水を予防し、足がつるのを防ぐ助けになります。

 

・冷え対策をする

入浴して血行を良くしましょう

 

 

 

足をつらないようにし、毎日健康に過ごしましょう😊