今年こそは…

こんにちは!

ストレッチヒーローです。

 

 

 

今年こそ腹筋割りませんか?

 

 

誰もが1度は憧れる、綺麗に割れた腹筋。

「今年こそは、綺麗な腹筋を手に入れたいと言うあなた」

腹筋を効果的に割る鍛え方をお伝えします。

 

・そもそも、腹筋とはどこら辺の筋肉?

腹筋は、腹直筋・腹横筋・内腹斜筋・外腹斜筋

の4つの筋肉で成り立っています。

腹筋と聞くと、ついつい表面の腹直筋だけに焦点がいきがちですが、4つの筋肉をバランスよく鍛えると腹筋が割れやすくなります。

≪お腹の前にある腹直筋≫

腹筋の代表ともいわれる筋肉です。板チョコのような形状しておりお腹の表面部にあります。腹筋が割れているというのは、この腹直筋が鍛えられて、周りに脂肪がついてない状態をいいます。

腹直筋の主な働きは、骨盤の全部を引きあげれます。

 

≪お腹を支えるインナーマッスル腹横筋≫

お腹をへこます時に時に使う筋肉が腹横筋です。インナーマッスルとも呼ばれており、腹筋に1番内側に位置しています。

腹横筋は、鍛えることで代謝が上げやすくなる効果があるので、脂肪を燃やす前にしっかりと鍛えておきたい筋肉です。

 

≪2つで1つの役割を果たす、お腹の横の、外腹斜筋、内腹斜筋≫

お腹の横に位置する、外腹斜筋、内腹斜筋。外腹斜筋の内側に内腹斜筋が張り付く状態で、腹壁を作っています。クビレを作る筋肉で、お腹周りをスマートにしたい人は鍛えるべき筋肉です。

 

 

≪トレーニング≫

・ニートゥチェスト 自宅で簡単に腹直筋を鍛えます。

鍛えれる筋肉:腹直筋

・やり方

①仰向けに寝る

 

②両手をお尻の横につけて上半身を持ち上げる

 

 

③膝を90度に曲げて軽く持ち上げる

 

④上半身を固定させたまま、膝を胸に近づける

 

⑤限界まで引き付けたら、10秒キープ

 

⑥そのあと、ゆっくり戻す

 

※この動作を15回繰り返す

 インターバル30秒

 15回×3セットしましょう