カレーの秘密

こんにちは!

ストレッチヒーロー松江店です。

 

みなさん、カレーは好きですか?

僕はカレーが大好きです。

「カレー作り立てより、2日目の方が美味しい」と思う方は多いでしょう。

 

・ジャガイモに秘密が…

2日目の方が美味しい理由は野菜や肉などのカレーが生み出す、「うま味」と「コク」の変化です。カレーの具にはそれぞれの糖質やタンパク質、アミノ酸が含まれていますが、一晩寝かせてから温めることで、その成分が具からルーの中にさらに溶け出します。それにより、カレーのうま味とコクが増します。

2日目のカレーを美味しくするのにとても重要なのが、ジャガイモの存在です。

一晩寝かして、再び温めるとジャガイモが煮崩れデンプンが溶け出します。このデンプンがカレーのルーに「とろみ」を加えます。とろみがつくことで、カレーが舌にしっかりと残り、2日目ならではの味を感じられるようになるんです。

≪2日目のカレーは注意しましょう≫

2日目のカレーを食べる際、注意しなければならないのが、ウエルシュ菌食中毒。

この菌は自然界に広く存在し、肉や魚介、野菜などカレーの具の定番なものに付着しています。

作り立てのカレーなら加熱によって、ウエルシュ菌はほとんど死滅しているので害はありませんがカレーを鍋のまま常温で一晩寝かせたりすると、わずかに生き残った菌が急激に増殖してしまい食べると食中毒を引き起こす原因になります。

 

2日目のカレーを美味しく安全に食べるにはカレーのル鍋をコンロに置きっぱなしするのではなく冷蔵庫に入れて、食べるときは過熱を忘れないようにしましょう😊