睡眠効果アップ

 

こんにちは!

ストレッチヒーローです(^^♪

 

 

今回は疲れが取れる寝方についてお伝えします。

日々の仕事や家事で溜まった疲れを取るためには、睡眠が重要です。

しかし、ただ寝ればいいというわけではありません。

疲れが取れにくい、寝方をしていると、朝スッキリと目覚めれない、たくさん寝たのに、疲労が回復してないなど前日の疲れを引き起こす原因に…

 

 

今回は、疲れが取れやすい睡眠時の姿勢を中心にオススメの寝方を紹介します。

寝ても疲れが取れにくいと感じる人は、1度自分の姿勢を見直しましょう。

 

≪横向きが疲労回復に効果的な理由≫

・胃の働きとの関係

身体の右側を下にすることで消化を促すことができること。

食べたものは消化される過程で必ず胃を通って左から右に流れていきます。

 

仕事の残業などで食事が遅くなってしまったり、呑み会で遅く帰りすぐ寝てしまうこともあるはず。そんな時は消化を促すために横向きの状態での睡眠をとるように心がけましょう。

 

・心臓の位置との関係

寝るときは基本的静かな部屋で寝ることが多いですが、身体の左側を下にすると心臓を圧迫する寝方にすることで心音が気になりやすく、眠りを妨げる原因になる場合もあります。

 

質の良い、深い睡眠をとるには

 

・習慣的に運動する

・就寝の2~3時間前までに入浴する

 

質の良い睡眠をとると、身体はどう変化する?

 

・前日の疲れが抜けスッキリ目覚めれる

・日中は活動的になり、仕事も家事もスイスイこなせる

・集中力があがり、効率よく過ごせる

 

 

 

睡眠の質を上げて、スッキリとした毎日をおくりましょう(^^♪