足裏のアーチは健康の基本

 

みなさん!

足裏(土踏まず)のアーチを気にしたことがありますか?

 

 

 

~足裏(土踏まず)のアーチとは?~

 

足のアーチとは土踏まずにあるドーム型のことです。

人が二足歩行できるのは、アーチ構造が発達している

からなのです!このアーチ部分が体を支えることによって

歩くという動作ができます。しかし、このアーチが下がって

しまうことで足・膝・腰に様々な問題が生じてしまいます。

 

 

 

~足裏(土踏まず)のアーチの種類~

 

人の足の裏には、外側縦アーチ内側縦アーチ横のアーチ形状

があります。片足には3か所のアーチがあり、それぞれ、

前後方向、左右方向、水平回転方向の姿勢制御を容易に行う

機能を果たしています。また、アーチ形状がバネのように作用する

ことで、足にかかる衝撃を緩和させる役割もあります。

 

この3つのアーチのお陰で歩いたり走ったり日常の歩行動作が

できているのです!

 

 

~アーチの構造が崩れる原因~

 

・滑りやすい靴や足に刺激を与えない靴を履いている

・足に合わない靴を履いている

・硬い地面での運動

・長時間の立ち仕事

・運動不足

・各種足の疾患

・肥満や高齢

など次第にアーチが悪くなってしまいます。

 

アーチの構造や形状に異常が生じれば、足はもちろん

足首、膝、お尻、腰、首など全身のバランスが崩れ

身体が不調になる恐れもあるのです!

 

足裏のアーチが下がることで生じる

・偏平足

・足底筋膜炎

・外反母趾

・魚の目

・足の裏が痛い、疲れやすい

などの様々なトラブルが生じやすくなります。

 

なので、足裏のアーチはとても重要で、体の調子を

整える上でも欠かせない部分だと考えましょう!

 

そこで今回は、家でもできる足裏のトレーニングと

外反母趾にも良いストレッチをご紹介します!

 


まずは、外反母趾にも良いストレッチです。

右の写真のように黄色い個所をぐーっと伸ばします。

次に左の写真のように伸ばしてください。

 

足を開きにくい人は、拇趾内転筋という個所を伸ばすと効果的です。

 

次は、足裏アーチのトレーニングです!

①タオルが動かないようにペットボトルなどの重りを乗せましょう!

かかとをつけた状態で、足指5本を使ってタオルを握る。(5秒キープ)

 

※座った状態でタオルに向かって膝をまっすぐに向けましょう。

O脚やX脚気味の人は、足指を動かそうとするとどうしても膝が正面から

ずれて、内側、外側に動いてしまう傾向があるので、常に正面に向いている

かチェックしながら行いましょう。

 

②かかとをつけた状態で、タオルを床から上に持ち上げる。

(5秒キープ)

 

③足指を広げ、タオルを離す。

(広げたまま5秒キープ)

 

①~③を10回2~3セット行いましょう!

 

 

足裏のアーチを大切にして、

健康な体作りを目指しましょう!