正しいプロティンの摂り方

こんにちは!

ストレッチヒーローです(^^♪

 

 

みなさん、筋肉トレーニングやスポーツが終わった後にプロティンは飲みますか?

中にはプロティンまずい、飲んだら太るといって飲まない人も中にはいると思います。

 

 

筋力をつけたい、たくましい体を目指したい、栄養バランスを改善したい…

プロティンを摂取するきっかけは、人によった様々です。

 

 

プロティンはただ飲むだけでは効果が得られるものではありません。

自分の目的にあったものを見つければ、効果を十分に感じられます。

 

そこで今回はそれぞれの目的に合わせた、最適な摂り方をお伝えします。

・筋肉量、筋力アップには運動後30分以内に

日々の運動やトレーニングによって体の筋繊維は傷つきます。傷ついた筋繊維に栄養が入らなければ筋肉量、筋力アップにはつながりません。

なぜなら、タンパク質が不足した体は時間の経過とともに、筋肉をどんどん分解して、エネルギーへの変換を促してしまうからです。せっかく頑張って、トレーニングや運動をしても筋肉が分解されてしまったらもったいないですよね。

 

なら、運動後どうすればいいの?

運動後30分以内は回復のゴールデンタイムと言われています。

この時間帯は体が傷ついた筋組織を修復するべく栄養素を必要として、呼吸が高まります。

 

 

そして、プロティンと一緒に摂ってほしいのが炭水化物(糖質)です。

※糖質は、ご飯、パン、麺類、イモ類です

体は炭水化物(糖質)を食べると血糖値があがります。すると上昇した血糖値を下げようと体内でインスリンの分泌が促進されます。インスリンにはたんぱく質を体内に吸収させ、筋肉の分解を防ぐ役割があります。

新しい筋肉を作るには欠かせないエネルギーです。

 

・栄養バランス改善には食事前後、就寝前に

栄養バランス改善には食前、食後、そして就寝前をおススメします。

健康を維持するにはたんぱく質をしっかり摂り、体作りの材料となるアミノ酸を体内に保っておくことが重要です。

食事の前にプロティンを飲んで、お腹いっぱいになり、食事がとれなくなるって方は食事の後に飲むことをおススメします。

 

就寝時にプロティンを飲むことも、とても効果的とされています。

睡眠中には成長ホルモンが分泌され体の中では修復と回復が行われます。

疲労を取り、体の栄養バランスを整えるためにも新陳代謝を助けるたんぱく質は不可欠と言われています。

 

 

運動後すぐにたんぱく質を補給したい、大きな体を作りたい、栄養補給ができない就寝時にも血中アミノ酸を保ちたいなど、どんな効果を期待して摂取するかは人それぞれです。

目的や飲み方をしっかりと確認してあなたの理想の体を手にしましょう😊